【ネタバレあり】映画『一度死んでみた』のあらすじと感想

一度死んでみたの宣伝ポスター 映画

基本データ

タイトル:一度死んでみた
公開日:2020年3月20日
監督(以下敬称略):浜崎慎治
出演者:広瀬すず、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太ほか

あらすじ

売れないデスメタルバンドのボーカル、野畑七瀬(広瀬すず)は、仕事一筋で、妻(七瀬の母)百合子(木村多江)の最期にすら立ち会わなかった父、計(堤真一)のことを毛嫌いしていた。
その憎しみは、父に対する「死んでくれ」という想いを乗せた曲を作って歌うほどだった。

そんな七瀬のもとに、ある日、計が亡くなったという連絡が入る。

時は遡ること数日前、七瀬の父であると同時に製薬会社「野畑製薬」の社長でもある計と、その秘書である渡部(小澤征悦)は、自社で開発中の若返り薬「ロミオ」の極秘情報がライバル会社「ワトソン製薬」に流れていることを知る。

情報を横流ししている内通者を突き止めるため、渡部は計に対し、死亡を偽装することを提案する。
社長が死亡すれば、交渉中であるワトソン製薬による野畑製薬の吸収合併の話が内通者を中心として進行すると考えたのだ。

死亡を偽装する方法は、野畑製薬社員の藤井(松田翔太)がロミオ開発中にたまたま生み出してしまった、2日間だけ死ねる薬「ジュリエット」を計自らが服用するというものだった。

こうして、計は死亡し、その遺言によって次期社長が七瀬に決定、その相談役は渡部が務めることとなった。

しかし、いざ計が死亡してみると、役員は合併の話に乗り気ではなかった。
ただ1人を除いて。

その1人とは、渡部であった。

そう、渡部こそがワトソン製薬社長、田辺(嶋田久作)が送り込んだ内通者だったのである。

合併に断固反対する計が生き返れば、合併は完全に不可能となってしまう。
そう考えた田辺は、渡部と結託し、計が生き返る前に火葬を済ませ、殺害することを計画する。

一方、計の遺品のスマホのメッセージアプリを見た七瀬は、計が百合子の最期に立ち会わなかったのは百合子の病気を治すための薬を開発していたからだということ、百合子の希望もあって七瀬の私生活に何かと口出しをし、七瀬の監視役の松岡(吉沢亮)から聞いた話を今もなお百合子にメッセージで送り続けていることを知る。

計は仕事熱心ではあったが、同時に妻を愛する夫であり、娘を愛する父でもあったのである。

それを知った七瀬は、松岡と協力して計の殺害を阻止しようとする。

霊体化して目の前に現れた計のヒントにより、研究ノートのありかを突き止めた七瀬と松岡は、ノートの記載から、強い電流を流すことで2日を待たずして計を生き返らせることができるということを知る。

バンドメンバー、ファンらの協力もあり、告別式会場で計に電流を流すことに成功した2人だったが、田辺と渡部は計が目を覚ます前に強引に棺の蓋を閉じ、そのまま火葬場へ運んで火葬してしまう。

誰もが諦めたその時、火葬場の扉が開き、中から宇宙服姿の計が現れた。
計は密閉された棺の中で宇宙服に着替え、火葬の炎を耐えて脱出したのである。

こうして殺害計画は無事に阻止され、父と和解した七瀬は野畑製薬に入社することを希望するのだった。

感想

正直かなりがっかりしたと言わざるを得ない。
(あくまでも個人的な感想なので、面白いと感じた人を否定する意図はない。)

まずコメディを押している割に笑える部分が大してない。

そして、ストーリーの細かい設定が雑すぎる。
もちろんフィクションなので、薬の存在などは構わないが、それ以外に無理がある部分が多すぎて気になって仕方がない。

例えば、

  • ロミオの開発してたら偶然ジュリエットができた(そんな関連性ある薬ではない)
  • 藤井が偶然作ったジュリエットについて計が細かく研究ノートつけていた
  • ロッカー内で白衣に着替えるのが得意という前フリはあったがそれでも棺内で宇宙服に着替えるはありえない
  • そもそもロミオの開発はほぼ終わっていて実際に藤井は若返っていた
  • それを渡部以外の全社員が知っていた
  • 社をあげて開発したロミオについて、七瀬が「そういうの良くない!」みたいな理由で封印することを火葬場で独断で即決
  • 開発を完了させてから封印するという宣言(封印するなら開発いらんだろ)
  • 最後の最後に取って付けたようなキスシーン
  • 百合子へのメッセージに既読が付く(完全に蛇足だし説明がつかない)

上映中にメモ等は一切取っていないが、それでもこれだけのツッコミどころをパッと思いつく。

ただ、構成上の雑な部分が気にならない方は問題ないし、逆に仲間内で観て、上映後にツッコミを入れまくるという楽しみ方はあるのかもしれない。

また、本来ならエキストラでいいような役に売れっ子、大物俳優やミュージシャンを起用していたのは少し面白かった(全編通じて一番面白かったのそれかも・・・)

そして何より、広瀬すずが可愛いというのが、この映画で一番楽しめるところだろう。

主演だからそれはそうなのだが、広瀬すずのスクリーン占有率がやたら高いし、メタルファッションや制服姿を大画面で拝むことができる。
もはや広瀬すずのイメージビデオと言っても過言ではない。
広瀬すずファンはぜひ劇場に足を運ぶと良いと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました