タッカンマリ専門店「のげとりとん 野毛店」に行ってきた

「のげとりとん 野毛店」のタッカンマリの写真

桜木町にあるタッカンマリ専門店「のげとりとん 野毛店」に行ってきた。

JR根岸線、横浜市営地下鉄ブルーラインの桜木町駅から徒歩5分弱の場所にお店はある。
「タッカンマリ専門店」の看板が目印。

「のげとりとん 野毛店」の外観写真

お店に到着したのは、平日の13時30分近く。
予約をしておいたので、そのまま入店。

店内は、厨房を囲むように4人掛けのテーブルが5卓、合計20席が配置されている。
その他に座敷の席もあるようだ。

「のげとりとん 野毛店」の店内写真

メニューは以下のとおり

今回は「満腹コース」というタッカンマリ食べ放題+ドリンク飲み放題の2時間コースを注文しておいた。
ドリンクは、画像2枚目の黒字で書かれているものが飲み放題となる。

なお、こちらの店舗では、一品料理だけを頼むことはできない。
コースを頼んだ上で、追加での注文となるので注意。

まずはキムチが登場

「のげとりとん 野毛店」のキムチの写真

続いて、タッカンマリのつけダレの準備。
レシピはタテギ(辛い調味料)、マスタード、お酢、醤油で、お店の方が作ってくれる。
さらにその後に、好みに応じて自分で刻みニンニクとニラを投入。

「のげとりとん 野毛店」のタッカンマリのつけダレの写真

日本人にはあまり馴染みのないタテギという調味料、想像以上に辛い。
タレを作るときに辛いものが大丈夫かどうか聞いてくれるので、苦手な方はそのときに申告すると良いだろう。

タッカンマリ鍋の方も準備が完了

「のげとりとん 野毛店」のタッカンマリの写真

具材は鶏肉、じゃがいも、ネギ、トッポギ、えのきと、後から投入されるつくね。
ちなみにタッカンマリは韓国語で「鶏一羽」という意味だそうで、その名のとおり、鶏が丸々一羽入っている。

ちょっと煮込んだところで、まずはスープのみをいただく。
このあたりの作法は水炊きに似ている。

「のげとりとん 野毛店」のタッカンマリのスープの写真

具材の出汁が出た優しい味のスープ。
まだそこまで濃くはないので、お好みで塩を入れて調整。

ネギ・トッポギ・えのき→鶏肉→つくね・じゃがいもの順で火が通るので、順次いただいていく。

「のげとりとん 野毛店」のタッカンマリの写真

そのままの味でいただくも良し、つけダレでピリ辛を楽しむも良し。
鶏肉は皮はプルプル、肉はしっとりでおいしい。
つくねは肉や具材の食感を残しているタイプで食べごたえがある。

肉も含めてすべての食材がおかわり自由。

存分に堪能した後は、シメに移行。

まずはカルクッス(韓国うどん)

「のげとりとん 野毛店」のタッカンマリのカルクッスの写真

平たく、少し細めの麺。
コシはそれほど強くなく、表面はややトロっとしている。

シメその2、雑炊
雑炊もお店の方が作ってくれる。

「のげとりとん 野毛店」のタッカンマリのカルクッスの雑炊の写真

具材の出汁が存分に出たスープで作る雑炊、美味くないはずがない。
押し寄せる圧倒的な旨味。
個人的には、カルクッスよりも雑炊の方が好みの味だった。

お会計は税込み4,950円/人(カード不可)。
食べ飲み放題ということを考えるとかなりお得感のあるコースである。
タッカンマリという料理を食べるのは初めてだったが、味についても申し分なかった。
また訪問させていただきたい。

店名 のげとりとん 野毛店
住所 神奈川県横浜市中区野毛町2-72
営業時間 平日:15:00~23:30(L.O. 22:30)
土日祝:12:00~23:30(L.O. 22:30)
※緊急事態宣言中は毎日12:00~20:00
定休日 なし
TEL. 045-252-2983
公式サイト https://www.new-look.co.jp/shop/toriton/

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました