テッチャン鍋 金太郎 渋谷店に行ってきた

具材に火が通ったところでチーズ投入

渋谷にあるテッチャン鍋(ちりとり鍋)の店「金太郎」に行ってきた。

訪問は2回目。
たしか前回訪れたのは2013年前後。

駅から混雑を加味して10分ほど歩いた、Bunkamuraの向かいのビルの7階にお店はある。
1階のパールレディが目印。

入店は金曜の19時30分過ぎ。
この時点では空席があったので待たずに入れたが、20時くらいには満席となった。
ナイスタイミング。

店内には2or4人用のテーブル席が並んでいて、奥までは見えなかったが大体30〜40席といったところだろうか。
奥の方に個室か半個室の部屋もありそうだ。
壁には所狭しと有名人のサインが飾られている。
見たところ色紙の数は軽く3桁いっている。

金太郎の壁一面に飾られている有名人のサインの一部

メニューはこちら。

ハイボールがやたら安い。
特に「赤字覚悟」と銘打っているジムビームハイボールはまさかの99円!

とりあえずメガハイボール2つとこだわり酒場のレモンサワーを注文。
すぐにドリンクが運ばれてきた。

僕が頼んだレモンサワーは普通だったが、友人曰くハイボールは少し薄めだったらしい。
ただしそれを補って余りある安さなので満足度は高いとのこと。

フードは長芋キムチ、A4・5ランク和牛炙り刺しとよだれ鶏、メインにチーズタッカルビを注文。

長芋キムチ。
適度な辛さと長芋の食感が良い感じ。

長芋キムチ

和牛炙り刺しはタレに卵を溶いてつけて食べる。
柔らかくて美味い。
細切りしてあるのはリンゴ。
これが適度な甘みを加えていて良い。

よだれ鶏
プリッとした鶏がピリ辛のソースとよく合う。

よだれ鶏

チーズタッカルビは少し時間がかかるようなので、追加でチヂミを注文。
結構な大きさでわりとお腹にたまる分量だった。
モチモチしていて美味しい。

最初の注文から15分くらい経って、鍋が運ばれてきた。
店の名が示すとおり、四角いちりとり鍋に入れられている。
ちなみに、ちりとり鍋の別名がテッチャン鍋なのは、具材としてテッチャン(ホルモンの一種)が入れられていることが多いからだそう。

運ばれてきた鍋

実はお店でチーズタッカルビを食べるのは初めてなので、どう作るのだろうかと少し迷っていたのだが、そこは問題なかった。
店員さんがセッティングから調理まで全てやってくれる。
よって、僕らはちょうど良いタイミングで食べるだけ。なんて楽なんだ。

一通り具材に火が通ったところで真ん中のスペースを空け、大量のチーズを投入。

具材に火が通ったところでチーズ投入

程なくしてチーズがグツグツと泡立ち、美味しそうな匂いが立ち込めたら完成。

チーズがグツグツと煮立ったらチーズタッカルビ完成

具材をチーズに絡めていただく。
見た目はかなり辛そうだが、甘辛いたれとたっぷりのチーズのおかげでマイルドに仕上がっている。
肉や野菜が柔らかく仕上がっていて全体的な調和がとれている。良い。

3人でお酒も2,3杯ずつ飲み、お会計は約1万円。
安くて美味いし、また訪問したい。

ただし、服に匂いが付くのは避けられない(出口に消臭スプレーは置いてくれているが)ので、そのあたりには注意したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました