【実食レポ】1947年創業、関内の老舗そば・懐石料理店「利久庵」のランチに行ってきた

ザルに載ったそば。上には刻み海苔がかかっている。 そば

アクセス

関内にあるそば・懐石料理店「利久庵」のランチに行ってきた。

JR根岸線・横浜市営地下鉄ブルーラインの関内駅から徒歩3分程度の場所にお店はある。大通りからは1本入ったところにあるが、大きな看板が出ているのでわかりやすい。

利久庵の外観写真

店内

お店に到着したのは、平日の13時すぎ。
会社員の昼休みを外したにも関わらず、店内は非常に混雑していたが、運良く1席だけ空いていたのでそのまま着席。

店内1階席はすべて2~4人掛け程度のテーブル席で、総席数は40席前後といったところ。また、2階には宴会・会席料理用の座敷席があるようだ。

利久庵の店内写真

メニュー

メニューは以下のとおり。

そば

利久庵のメニュー写真

一品料理は月ごとのメニューで、一部の料理は17時から提供。

利久庵のメニュー写真

ご飯物・ドリンク

利久庵のメニュー写真
利久庵のメニュー写真

昼のおまかせ懐石

利久庵のメニュー写真

ちなみに夜の懐石料理のお値段は以下のとおり。

利久庵のメニュー写真

そばは冷たい方がおすすめということだったので、今回は「鴨ざる」を注文することにした。11:00~14:00限定で、そばには季節の御飯、丼物には冷しそばが付くうれしいサービスも。

フード写真

注文から10分弱で料理が提供された。

こちらが今回注文した「鴨ざる」

ザルに載ったそばと、つけつゆ、薬味、御飯の写真

写真上に写っているのがサービスの「季節の御飯」で、訪問時は「むかご御飯」

ツヤのある美しいそば

ザルに載ったそば。上には刻み海苔がかかっている。

使っているのは十勝蕎麦で、適度なコシがある。一般的なそばよりも少し細めに切ってあるのも手伝ってか、のどごしがとても良い。

具材たっぷりのつゆは、出汁の甘みを感じる優しい味。

ねぎや鴨肉がたっぷりはいったつけつゆ

そばの香りが比較的控えめなので、このくらい穏やかな味の方がバランスが良いのだろう。柑橘類の皮が少量入っているのか、少し爽やかな香りもする。

鴨肉はつゆが染みたやわらかしっとり食感でおいしい。

鴨肉を箸で持ち上げている写真

むかご御飯

白い器に入ったむかご御飯の写真

むかごとは、長芋や自然薯などの蔓になる肉芽のこと。ホクホクの食感で、ほんのり甘みを感じる。

そばと御飯を完食し、蕎麦湯で〆。趣のある器もまたグッド。

鉄っぽい見た目の器

まとめ

レジにてお会計。お値段は1,595円(カード使用可)
そば自体の量は控えめだったが、ランチタイムは御飯が付くこともあり、全体としては満足できる量だった。
ざるなどのシンプルなそばであれば、1,000円未満のものもあるので、このあたりで普段使いできるそば屋としておすすめしたい。

店名 利久庵
住所 神奈川県横浜市中区真砂町2-17
営業時間 11:00~20:30
※通常時。コロナによって変動可能性あり。
定休日 日曜日
TEL. 045-641-3035
公式サイト http://www.yokohama-norenkai.jp/rikyuan/index.htm

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました