ラーメン屋「風雲児」に行ってきた

風雲児のつけ麺 ラーメン

新宿にあるラーメン屋「風雲児」に行ってきた。

新宿駅の西口から徒歩5分程度の場所にお店はある。
少し距離はあるが、小田急小田原線の南新宿駅や、都営大江戸線の都庁前駅からも徒歩圏内。

入口は細い路地から少し下った半地下の場所にあり、少しわかりにくいが、近くに公園(代々木二丁目あおい公園)や交番(代々木二丁目交番)があるので、そこを目印にして行くと良い。
また、コロナの影響がなければ、基本的に行列が絶えない(公園まで並んでいることも多い)お店なので、見つけるのに苦労はしないだろう。

お店に着いたのは平日の13時半頃。
この状況、時間帯でも先客は10人ほどいて、さすがである。

入口右手の券売機で先に食券を買う方式
場所柄、外国人のお客さんも多いので、ボタンには英語表記も。

食券を買ったら指示された席に座り、カウンター上に食券を出す。

ウッド調の落ち着いた雰囲気の店内はすべてカウンター席で、席数は15席ほど。
以前訪問した時は、待っているお客さんが席の真後ろの壁沿いにも並んでおり、若干窮屈な感じがしたが、今回は並んでいなかったため、快適だった。

食券を渡してから2分程度で麺が提供された。
今回注文したのは「つけめん」、お値段は900円
つけ麺として考えるとそこそこの金額だが、新宿でのランチとして考えると妥当な印象。

風雲児のつけ麺

麺は中太のストレート
写真は普通盛りだが、無料で大盛りに変更してもらうこともできる。

チャーシュー、ネギ、海苔などが入った濃厚な魚介スープは、中央に山盛りにされている大量の魚粉が特徴。
そのままでも十分に魚介の風味を感じることができるスープだが、この魚粉を溶かしていくことで、さらに風味が増し、味の変化も楽しめるようになっている。

スープはかなりとろみが強く、麺とよく絡む。
麺自体はつるっとしていてのど越しが非常に良い。

太めの棒状にカットされたチャーシューは、しっかりとした味付けで、濃厚スープの中にあっても存在感を放っている。
見た目はごついが、食感はとろっとしていて柔らかい。

スープは濃厚だが旨味があり、麺ののど越しの良さもあって圧倒言う間に食べ切ってしまった。
そこまでお腹が空いてなかったので普通盛りにしたが、大盛りでも良かったかもしれない。

麺を食べきった後は、卓上のポットに入っている熱々のスープ割でスープを割って飲む。
味が濃いので、スープ割は少し多めに。
スープ割を入れることで少し甘みが増し、まろやかな感じになる。完飲。

席を立つと、感じの良い「ありがとうございました」という声。
「いらっしゃいませ」のときも思ったのだが、店員さんの挨拶が非常に丁寧で感じが良い。

お店の雰囲気も、もちろん味も文句なし。
今後も定期的に利用させていただきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました