【解説】このブログの使い方について

役立ち

こんにちは、「庄野くん?」です。

「どうせ記録するなら皆の役にも立つように」と思って始めたこのブログも、今では毎日多くの方々に読んでいただけるようになりました。
それに伴い、「記事が多すぎて探しにくい」というご意見を頂戴することが増えました。
確かに膨大な量の記事の中から、目的のものを探すのは面倒ですよね。
そこでこの記事では、ブログの概要と、簡単に目的の記事が見つかる方法について説明していきます。

扱うテーマ

このブログで扱うテーマは主に4つです。

  1. おすすめ飲食店の紹介
  2. ビジネス本の要約
  3. ちょっとお得に生活できるお役立ち情報
  4. 旅行記

中でもメインコンテンツとなっているのが、1と2です。

その特性上、ほとんどの人は特定のお店や書籍の情報を見るために検索から来るのですが、中には「庄野くん?がおすすめするお店から選びたい」と言っていただける人もいます(最大級の感謝を捧げます)。

ではそういった人はどうやって記事を探せば良いのでしょうか。

サイドバーを使う

サイドバーとは、メイン記事の右側にある、著者プロフィールなどが記載された項目です。

PCではデフォルトで表示されています。
スマホでは画面下のタスクバー内にある「サイドバー」をタップすると表示されます(タスクバー自体が表示されていない場合は、画面を上に少しスライドしてください)

右下の「サイドバー」の表示を赤枠で囲って強調した画像

サイドバー内には、目的の記事へのアクセスを助ける、いくつかの機能があります。

カテゴリー

サイドバー内の「カテゴリー」を赤枠で囲って強調した画像

カテゴリー機能を使えば、特定のカテゴリーが設定された記事のみを表示することができます。

例えば、「外食はしないから、本の記事だけ読みたい」という方は「読書」のカテゴリーを選択してもらうことで、読書記事のみを一覧表示することが可能です。
また、より細かく、「読書」の中の「健康」に関する本の記事や、「飲食」の中の「ラーメン」、さらにその中の「家系ラーメン」など、特定のジャンルの記事をピックアップすることもできます(余談ですが、つけ麺はラーメンカテゴリーに含まれています)

アーカイブ

サイドバー内の「アーカイブ」を赤枠で囲って強調した画像

「アーカイブ」では特定の年月に投稿された記事を一覧表示することができます。
「カテゴリー」と比べると使用頻度は低そうですが、

  • クリスマスっぽい店、もしかしたら去年の12月に載せているかも!
  • 読書の秋だけど、今年の10月は何を読んでいるんだろう?

といった使い方ができます。

ただし、訪問や読了から記事の投稿までは一定期間のラグがあるため、その点は注意が必要です。

検索を使う

調べたい情報が具体的な場合には、カテゴリーよりも検索機能を使うのがおすすめです。

サイドバー内の「サイト内を検索」と薄字で書かれた窓に検索キーワードを入力するか、スマホの場合はタスクバー内に「検索」があります。

画面下の「検索」の表示を赤枠で囲って強調した画像

検索では、カテゴリーと違い、複数の条件指定が可能です。
例えば、新宿のラーメンについて知りたい場合には「新宿 ラーメン」で検索すると、「新宿」と「ラーメン」が含まれた記事が一覧表示されます。

タグを使う

各記事の末尾を見ると、カテゴリー表示(黒背景に白抜き)の下に、黒枠で囲った金額や場所などの表記がある場合があります。これがタグです(下図参照)

タグの位置を強調した画像

タグの中で、気になるものをタップ(クリック)すると、同じタグが付けられた記事一覧を表示することが可能です。
例えば、「2001~5000円」をタップしてみると、以下のように、「2001~5000円」のタグが付けられた記事が一覧表示されます。

「2001~5000円」のタグが付けられた記事一覧のスクリーンショット

タグは価格帯、場所(駅)、著者(同じ著者の本についての記事が複数ある場合)などでつけていますので、適宜ご活用ください。
参考として、よく使われると思われるタグへのリンクを以下に貼っておきます。

1000円以下 1001~2000円 2001~5000円 5001~10000円
10001~30000円 ランチメニュー 食べ放題 飲み放題
コース 新宿 渋谷 池袋

よくある質問

行ったお店は全部書いているの?

全部書いているわけではありません。

「おいしい」「コスパが良い」「新しい」のどれかに当てはまる場合には、書くことにしています。どれにも当てはまらない場合には書きませんし、再訪も基本的には書かないので、記事執筆数は訪問数の2~3割程度です。

お店の価格帯ごとに調べられない?

調べられます。タグの整備を行い、価格帯ごとに調べられるようにしました(「タグを使う」参照)

「場所」+「価格帯」での検索も可能?

少し複雑ですが、複数タグでの絞り込みを行えば可能です。

例として、「新宿」+「1000円以下」で考えます。
まず、「新宿」タグをクリックすると、「https://shonokunblog.com/tag/shinjuku」というURLのページに遷移することがわかるかと思います。また、「1000円以下」タグをクリックすると、「https://shonokunblog.com/tag/1000」というURLのページに遷移します。
この2つを組み合わせて調べたい場合、それぞれのURLの「tag/」より後ろの部分を半角の「+」で繋いだURLを入力します。つまり、「https://shonokunblog.com/tag/shinjuku+1000」ということです。この方法によって、2つ以上のタグを用いた絞り込みができます。

 

いかがでしたか?
今回はこのブログの使い方についてご紹介しました。できるだけ使いやすいブログにしていくつもりですので、何かご希望があれば、コメントかTwitterまで遠慮なくおっしゃってください。
これからも本ブログをぜひよろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました