「らーめん山頭火 新宿南口店」に行ってきた

らーめん山頭火のしおらーめん ラーメン

新宿にあるラーメン屋「らーめん山頭火 新宿南口店」に行ってきた。

新宿駅の西口、南口から徒歩3分程度の場所にお店はある。

らーめん山頭火新宿南口店の外観写真

大通りから1本入った細い路地にあり、看板もそれほど目立たないので通りすぎないように注意。
隣にダイコクドラッグのオレンジ色の目立つ看板があるので、それを目印にすると良いだろう。

らーめん山頭火新宿南口店の外観写真

お店に着いたのは平日の12時すぎ。
店の外に2人ほどお客さんが並んでいた。

1人での訪問だったため、並び始めて3分ほどすると、席の都合で先に並んでいたおふたりよりも先に店内に案内された。

店内はすべてカウンター席。
10席ほど席があるが、お客さんは1席おきに座っており、すべての席の間に間仕切りがされている。

らーめん山頭火新宿南口店の席の間仕切り

こちらのお店、ラーメン屋にしては珍しく、食券を買うのではなく席で注文する方式となっている。

メニュー
麺は「らーめん」「チャーシューめん」「特選とろ肉らーめん」「半とろ肉らーめん」の4種類があり、それぞれについて「しお」「しょう油」「みそ」「辛みそ」の中から好きな味を選ぶことができる。

らーめん山頭火新宿南口店のメニュー

ちなみにお店の前に張り出してあるメニューには写真も掲載されている。

らーめん山頭火新宿南口店のメニュー

「最後の一滴まで飲める豚骨スープ」というフレーズに惹かれ、「しおらーめん」を注文。

紙エプロン(お願いするともらえる)をつけながら待っていると、注文から3分くらいでラーメンが提供された。

今回注文した「しおらーめん」

らーめん山頭火のしおらーめん

黄色みがかったスープに、メンマ、キクラゲ、チャーシュー、なると、ネギ。
中央に一粒ある梅がアクセント。

まずはいつもどおりスープから。
白濁したスープは、塩と言えどなかなか濃厚な味で、豚骨の旨味がよく出ている。
舌触りも塩にしてはかなりまろやかな感じ。
器から立ち上る豊かな香りがさらに食欲をそそる。

麺は細めの縮れ麺
ほんのり甘みが感じられ、のど越しは結構ツルッとしている。

らーめん山頭火のしおらーめん

メンマやキクラゲはよく煮込んであるのか、柔らかめになっており、あまりコリコリ感が好きではない自分としては良い食感だった。

そしてこんなに分厚いチャーシュー

らーめん山頭火のチャーシュー

肉と脂のバランスが絶妙で、味もよく染みており、相当美味しい。
普通のチャーシューでこのクオリティ、メニューにある「とろ肉チャーシュー」も非常に気になる。

お店の目論見どおり、最後の一滴まで完飲。

お会計は席で済ませる方式。
お値段は950円(現金のみ)

ラーメンにしては結構高めの金額設定だが、このレベルのものが食べられるのであれば全く割高感はない。
また近いうちに訪問しようと思う。

店名 らーめん山頭火 新宿南口店
住所 東京都新宿区西新宿1-18-5 中沖ビル1階
営業時間 11:00~23:30(L.O. 23:00)
(※2020年5月18日から当面の間は 11:00-15:30 / 17:00-20:00 )
定休日 なし
(※2020年5月18日から当面の間は土日)
TEL.

03-3349-0338

公式HP https://www.santouka.co.jp/shop-jp/kanto/area03-004

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました