ラーメン屋「麺処 琥珀」に行ってきた

琥珀の鯛らぁ麺 ラーメン

綱島にあるラーメン屋「麺処 琥珀」に行ってきた。

東急東横線綱島駅西口を出て、通りを真っ直ぐ1分弱歩くとお店がある。
看板が大きいので見つけやすい。

琥珀の外観写真

店内はすべてカウンター席で、数は12席ほど。
2020年1月にオープンしたばかりなので、店内はかなり綺麗。

2020年4月時点では、テイクアウトにも対応しているようである。

琥珀のテイクアウトメニュー

お店に到着したのは休日の14時頃で、4人の先客がいらっしゃった。
さらに我々の入店直後にも5人くらいのお客さんが次々と入ってきた。
コロナによる外出自粛&かなり遅めの時間帯でこの感じなので、通常の時期であれば結構混雑していると思われる。

注文は食券方式なので、まずは入って右手の券売機で食券を購入する。

琥珀の券売機

こちらのお店、通常メニューは大山鶏の丸鶏を使用した鶏スープの「らぁ麺」や、まぜそば、つけ麺を提供しており、最近紹介したところで言うと「らぁ麺田じま」と似たようなジャンルである。

しかし、琥珀には30食限定のラーメン、「鯛塩らぁ麺」があり、今回はこちらがお目当て。

食券を購入し、店員さんに渡したら、空いている席に座る。

卓上に調味料はなし。
紙エプロンと髪留めは用意があるようだ(ラーメン提供時に必要か聞いてもらえた)

席に座ってから5分程度でラーメンが登場。

こちらが、今回注文した「鯛塩らぁ麺」
お値段は800円

琥珀の鯛らぁ麺

澄んだ塩スープに、ストレートの細麺。
トッピングは2種類のチャーシュー、メンマ、ネギ、紫玉ねぎと鯛のほぐし身が入っている。

スープはあっさりしているが、鯛の旨味はしっかりと味わえる。
魚介独特の臭みのようなものは全く無い。
ほぐし身が入っていることによって、焼き魚のような風味がプラスされており、絶妙なバランスとなっている。

麺は数種類の小麦を配合した全粒粉使用の麺。
つるっとした感じでのど越しが良い。
麺の風味はスープを邪魔しないくらいの控えめな感じ。

チャーシューは豚肩ロースと鶏胸肉をそれぞれ低温調理した2種類。
豚の方は薄切りで、しっとりとした食感としっかりした味。
鶏の方はぷりっとした食感で、しっかりと味がついている。
個人的には鶏チャーシューの方が好みの味と食感だった。

メンマは少しだけ硬さを残した感じ。
紫玉ねぎの食感と味が良いアクセント。

鯛の旨味をしっかりときかせたラーメン、非常に美味しかった。

このあたりは「綱島商店」や「武蔵家」を筆頭にこってりとした家系ラーメンの店舗が多く、あっさり系の琥珀は独自の存在感を放っていると言えるだろう。
また近いうちに訪問してみたい。

店名 麺処 琥珀
住所 神奈川県横浜市港北区綱島西1-11-22
営業時間 月~土:11:00~23:00
日:11:00~21:00
定休日 なし
TEL. 045-642-5328

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました