リストランテ「VIA Brianza」に行ってきた

「VIA Brianza」の「A5黒毛和牛の炭火焼き」 飲食

麻布十番にあるリストランテ「VIA Brianza」に行ってきた。

東京メトロ南北線、都営大江戸線の麻布十番駅1番出口から徒歩1分程度の場所にお店はある。

「VIA Brianza」の外観写真

お店に到着したのは日曜日の17時50分頃。
開店前だったため、外でしばし待ち、18時のオープンと共に入店。
我々とほぼ同じタイミング(おそらく18時の予約)で、2組ほど別のお客さんも入店。

店内は白とダークブラウンを基調とした落ち着きのある雰囲気。
席は全てテーブルで、訪問日は4人用が3卓、2人用が4卓の、合計20席があった。

「VIA Brianza」の店内の写真

今回は「ブリアンツァコース」という、前菜、パスタ、メイン、デザートを選べる全4品のプリフィクスのコースを予約しておいた。
コースのお値段は税込みで6,300円。

メニューは以下のとおり

それぞれの料理についてはお店の方が丁寧に説明してくれる。

今回は好きな料理を選びたかったのでこちらのコースにしたが、全てシェフおまかせの全8品のコースなどもあるので場合に応じて使い分けると良いだろう。

「VIA Brianza」のシェフおまかせコースのメニュー写真

ドリンクは別なので、メニューを見て考える。

ワインがメインだが、ビールやカクテルもある程度品揃えがある。

今回はワインを飲もうということで、1本目としてVilla SparinaのGaviをお願いした。
ピエモンテ州(イタリア)の「コルテーゼ」という品種のブドウを使ったワイン。

Villa SparinaのGavi

まずはゼッポリーネが提供された。

日本で言うところの「お通し」のような位置づけだろうか。
ピッツァ生地にのりを入れて揚げた料理で、食感はもちもち。

「VIA Brianza」のゼッポリーネの写真

前菜の「ブッラータチーズのカプレーゼ仕立て」

「VIA Brianza」の「ブッラータチーズのカプレーゼ仕立て」

 

ニンジン、タマネギ、トマト、ビーツをとろっとしたブッラータチーズが包み込む。

自家製フォカッチャ
ちなみにおかわり自由。

「VIA Brianza」の自家製フォカッチャの写真

コースには含まれていないが、お店のおすすめということでお願いしたムール貝

「VIA Brianza」のムール貝の写真

結論から言うと、頼んで大正解な一品だった。

殻を開くと、大粒のムール貝がお目見え。
産地はカナダだそう。

「VIA Brianza」のムール貝の写真

通常のムール貝は白ワインを使って蒸していることが多いが、こちらのお店では白ワインを使わずに蒸して、ムール貝の素材の味を活かす調理方法を採用している。
食感が良く、肉に近いようなボリューム感がある。
味は例えるならアサリと牡蠣の中間のような味で、普段食べている白ワイン蒸しとは全くの別物。
臭みもなく、ワインが進む。

ここでちょうど1本目が空いたので次のワインへ。

続いて注文したのはAntinori “Peppoli”のChianti Classico

Antinori “Peppoli”のChianti Classico

料理の方は「パッパルデッレ 本日のラグーソースで」

「VIA Brianza」の「パッパルデッレ 本日のラグーソースで」

この日は鴨のラグーソース。
パッパルデッレとは、写真のような幅広のパスタで、かなりもちもちとした食感。
鴨は舌先でほろほろとほぐれるほど柔らかい。

メインは「A5黒毛和牛の炭火焼き」

「VIA Brianza」の「A5黒毛和牛の炭火焼き」

ソースはパプリカソースと、タスマニア産の粒マスタード。
パプリカの方はほんのり甘みがあり、マスタードは粒の存在感が大きい。

お肉は炭火焼きの香りがしっかりついていて、肉質は柔らかく、旨味が凝縮されている。

デザートはパンナコッタ

「VIA Brianza」のパンナコッタ

よく形を保っていられるなと感心してしまうほど、とろっとろで、口の中であっという間にとろける。
味はココナッツがかなり強く出ていて、甘さも強め。
ソースはフランボワーズのソース。

上記の料理とワインでお会計は3人で40,810円。
がっつりお酒を飲んだため、当初のコース料金の倍以上にはなってしまったが、美味しい料理と丁寧な接客で、非常に満足度は高かった。
少し優雅に食事を楽しみたいときのお店としておすすめしたい。

店名 VIA Brianza
住所 東京都港区麻布十番2-17-8 パークIビル1F
営業時間 ランチ:11:30~15:00
ディナー:18:00~23:00
定休日 日曜日
TEL. 03-5440-8885
公式サイト http://www.la-brianza.com/via_brianza/

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました