ダイニングバー「Carnism」に行ってきた

「Carnism」の「ラム肉5種盛り合わせ」の写真 ダイニングバー

麻布十番にあるダイニングバー「Carnism」に行ってきた。

都営大江戸線、東京メトロ南北線の麻布十番駅から徒歩で3分程度の場所にお店はある。
5aまたは7番出口を使うと近い。

「Carnism」の外観写真

お店に到着したのは、土曜日の17時半頃。
入口で予約名を伝え、席に座る。
ディナーにしてはかなり早めの時間帯だったが、既に3組のお客さんがいた。

席は厨房を囲むカウンター席が5席と、2人または4人掛けのテーブル席が12席。
席間は透明なパーテーションで仕切られている。
店内は清潔だが、煙はわりとモクモクしているので、匂いがついても問題ない服装がおすすめ。

「Carnism」の外観写真

こちらのお店はお肉とクラフトビールがウリで、お肉は月ごとにメニューが変わる食べ放題プランも提供している。
2021年7月は「7月ラム祭りコース」と称して塊ラム肉5種の食べ放題プランを提供しており、今回はこのコースを予約しておいた。

ドリンクは別料金なので、メニューを見て考える。

「考える」とは言ったものの、この日は緊急事態宣言中のため、ドリンクはノンアルコールカクテルとソフトドリンクのみ。
クラフトビールやウイスキーなども充実しているだけに残念だが仕方がない。

というわけで、ドリンクは「ざくろグレープフルーツ」を選択。
提供はかなりスピーディー。

「Carnism」の「ざくろグレープフルーツ」の写真

コースの方は1品目のサラダが登場。

「Carnism」のサラダの写真

写真の量で4人分。
肉以外はおかわりできないようなので、皿に取り分けて後半に残しておくのも手。

タコのマリネ

「Carnism」のタコのマリネの写真

こちらも4人分。
肉系の店で魚介が出るとは意外。

アンチョビオイルのフライドポテト

「Carnism」のアンチョビオイルのフライドポテトの写真

アンチョビ香るカリカリ系ポテト。

そしていよいよメインが登場。

「Carnism」の「ラム肉5種盛り合わせ」の写真

すごいボリューム!

お肉は5種類。
手前から反時計回りにショルダー、ランプ、アーム、もも肉で、中央が羊腸の粗びきフランクとなっている。

「塊ラム肉」と言うだけあって、どれも大きめのカットだが、全体的に柔らかい肉質で食べやすい。
特にランプは非常に柔らかく、塊のまま口に放り込んでも難なく食べられる。
柔らかい肉が好きな人はランプ、ある程度の肉の歯ごたえを楽しみたい人はアームやもも肉がおすすめ。

お肉はプレート単位でおかわりし放題とのことだが、実際のところ、相当食べる人でないとおかわりするまでもなく満腹になってしまいそう。

お肉用に甘辛タレが出てきたが、お願いすれば塩も持ってきてもらえる。

「Carnism」の「ラム肉5種盛り合わせ」のタレの写真

さらに追撃の「シェフ特製スパイスカレー」

「Carnism」の「シェフ特製スパイスカレー」の写真

少し固めに炊き上げられたライスと、スパイシーなカレーの相性はばっちり。
サラッとしている点も食べやすくて良い。

最初の予想どおり、1周目でほぼ満腹状態になってしまったため、ラストオーダーとしてランプと粗びきフランクのみ追加注文(ラストオーダーのみ特定のお肉のみの注文が可能)

「Carnism」のランプと粗びきフランクの写真

柔らかジューシーなお肉、2周目でも激ウマ!

デザートにバニラアイスをいただいてフィニッシュ。

「Carnism」のバニラアイスの写真

上記のコースとドリンク1杯で、お会計は一人3,750円(カード、PayPay使用可)
お酒なしとはいえ、麻布十番での食べ放題でこのお値段とはただただ驚きである。

お肉はもちろんのこと、カレーなどのメニューもすべておいしかった。
お肉の食べ放題は毎月開催しているそうなので、上質なお肉を好きなだけ食べたい!という方にはぜひおすすめしたい。

店名 Carnism 麻布十番
住所 東京都港区麻布十番1-3-5 クレイン麻布101
営業時間 17:00〜20:00
定休日 なし
TEL. 03-5545-5944
予約サイト(favy) https://carnism.favy.jp/

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました