ブタヤキニクの革命!BUTAMAJIN池袋店に行ってきた

焼き上がった希少極上フィレ 焼肉

池袋にある豚肉専門の焼肉店BUTAMAJIN(ブタマジン)に行ってきた。

池袋駅のC3出口を出て斜め向かいのビルの地下1階にお店がある
電車だと東京メトロ副都心線のホームが一番近い。

結構わかりにくいが、写真だとバーガーキングの横、人だかりが出来ている通路を奥に進むと地下への階段がある。

BUTAMAJINが入居しているビルの外観

階段を降りると物々しい黒いドアがある。そこが入口

BUTAMAJIN入口

今回は予約したのでそのまま入れたが、到着した時(土曜19時)には2組の待ち客がいた。

店内は全てテーブル席で、パーテーションで仕切ると半個室のようになる(写真左側)。
たまにレイアウト変更があるが、席数は大体30席といったところ
構造上、9人以上の同席は難しいかもしれない。

BUTAMAJINの店内写真

メニューはこのような感じ。
迷ったらコースにするのがおすすめ。
この日はたまたまアラカルトだったが、僕も普段はコースにすることが多い。

BUTAMAJINメニュー BUTAMAJINメニュー BUTAMAJINメニュー

まずはお通し

お通し

野菜を好きな大きさにちぎってドレッシング入りのジャーに入れてシェイクする。
野菜は新鮮で、ドレッシングも美味い。
しかもどちらもおかわり自由

ジャーサラダのドレッシング

続いてはお好きなお肉のプレート
8種類のメニューの中から好きなものを3種類選ぶ。
なお、それぞれの部位がケースに入れられており、店員さんが目の前で下準備をしているのを見ることができる(席の場所によっては準備されたものが運ばれてくることもある)

お好きなお肉のプレートを頼むと店員さんが目の前で準備してくれる

今回は、「希少極上フィレ」「嫌われロースの一生」「酵素フルーツのしゃぶしゃぶ」をセレクト
豚肉一本(ビーガンメニューもあるが)で勝負できているだけあって、クオリティはいずれも高い。

中でも極めて美味しいのが、希少極上フィレ

希少極上フィレ

バターを使ってミディアムレアに焼き上げた肉と特製のソースの組み合わせ、最高すぎる。
豚肉の価値観が変わること間違いなし。

焼き上がった希少極上フィレ

嫌われロースの一生は、ロースを鉄板で焼いた後、アルミでくるんで火を通す(痛恨の写真撮影忘れ)
中まで染みたリンゴワインソースの味が良い。
ところでなんでロースだけこんなネーミングなんだろ。

しゃぶしゃぶの鍋には肉を柔らかくする酵素のフルーツと大根おろしが入っているらしい。

しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶしてから鉄板で水気を切り、たれをつけていただく。
たれは2種類ある。

しゃぶしゃぶのたれ

右は普通のポン酢で、左はトリュフだれに卵黄を入れた秘伝のたれ
これが実に美味い。
酵素のおかげかはわからないけど、肉も柔らかくて美味しい。

ちなみにトリュフだれ、フライドポテト(大人のフレンチフライ)につけて食べるのも美味しいのでおすすめ

デザートはリンゴソルベを注文

リンゴソルベ

さっぱりしていて良い感じ。

フードの他にドリンクを一人3杯前後頼んでお会計は5人で25,000円弱

出口で次回1品サービス券(ナムルがもらえる)とお土産のお菓子をもらって退店
非常に満足
とにかくフィレが美味いのでぜひ食べてもらいたい。
すでに何十回も行っているが、今後もリピート間違いなし

コメント

タイトルとURLをコピーしました