焼肉屋「巨牛荘 六本木店」に行ってきた

巨牛荘の上カルビと上ロース 焼肉

六本木にある焼肉屋「巨牛荘」に行ってきた。

六本木駅から徒歩数分、あまり人通りが多くない路地にお店がある。

巨牛荘の外観写真

入ってすぐの受付付近に鍵付きロッカーがあり、臭いをつけたくないような上着等はここに入れておくことができる
店内はテーブル席がメインで席数はおそらく100くらいだろうか。

メニュー

一般的な部位を中心に、野菜や一品料理、スープなどをバランスよく備えている。
全体的に値段は高め。

気になるのは「名物料理プルコギを美味しくお召し上がりいただくため、焼肉の食べすぎにはご注意ください。」という記載。
焼肉屋なのに肉を食べすぎるなとは面白い。
ケジャンというワタリガニの料理も押しているようだし、焼肉そのものよりもサイドに力を入れている印象。

ドリンクメニュー
場所が場所だけにお酒のバリエーションは豊富。

ちなみにコースメニューもある。
アラカルトの値段の高さと比較するとかなり割安な印象を受ける。

巨牛荘のコースメニュー

今回はアラカルトにしたので、「食べすぎにはご注意」に従ってナムル盛り合せと上タン塩、上カルビ、上ロースを注文。
ドリンクはジャズベリーにした。

2,3分でドリンクとナムルが運ばれてきた。
そこそこ混雑しているが、提供は割とスムーズである。
ジャズベリーはとてもフルーティで美味しい。

巨牛荘のナムル盛り合せ

それからすぐに頼んだ肉も運ばれてきた。

まずは上タン塩。1人前で6枚。
若干厚みにバラツキがあるので、様子を見ながら丁寧に焼く。

巨牛荘の上タン塩

上カルビと上ロース。
どちらも凄まじいサシの入り方。

巨牛荘の上カルビと上ロース

あまりに脂が凄いので網の上がすぐに火事状態に。
焦がさないように火から逃すのが大変だった。

慎重に焼いて、脂が滴る肉を口へ放り込む。
噛んだ瞬間に溢れ出てくる脂。
すごいなこれは。

ただ、あまりに脂がすごいので、もう少しヘルシーな方がお好みの方は「上」ではなく普通のカルビやロースを頼んだ方が良さそう。
実際、僕はなんともなかったが、同席者2人はこれだけでお腹がかなりいっぱいになってしまったらしい。

そんなわけで、イチ押しのプルコギは控えめに2人前の注文。
ほどなくしてプルコギ用の鍋と肉が運ばれてきた。

中央が高く、周囲に溝がある鍋を使う。
溝にスープを流し込み、中央で肉を焼いていく。
なお、プルコギの調理はすべてお店の方がやってくれるので安心。

グツグツとスープが煮立ち、美味しそうな匂いが立ち込めたらプルコギの完成。

巨牛荘のプルコギ

白菜キムチと一緒にサニーレタスで巻いていただく。

巨牛荘の白菜キムチとサニーレタス

肉の旨味とキムチのピリ辛が絶妙な組み合わせ。美味い。
たしかに焼肉より押されているだけのことはある。

そして、肉の旨味が溶け出したスープ、少し味見してみたがこれがまた美味い。
このスープで作る〆のうどん、どう考えても美味いに違いない。
食べる余裕がなかったのが悔やまれる。

メニューに記載がないので、デザート類は扱っていないのかと思ったが、料理を食べ終えた後にサービスでアイスが出てきた。

巨牛荘のアイス

上記料理と3杯程度のお酒を飲み、お会計は3人で18,000円弱。
六本木という場所を考えると普通なのかもしれないが、それを抜きにして考えるとコスパは正直良くはない。

プルコギ(うどん)は美味しいので、そちらを目当てにして行くべきお店である。
肉もがっつり食べたいという人は相対的に割安なコースを頼むのがおすすめ。

うどんを食べられなかったのが悔やまれるので、次行く際にはぜひ注文したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました