家系ラーメン「渡来武 武蔵小杉店」に行ってきた

渡来武武蔵小杉店のラーメン 家系ラーメン

武蔵小杉にある家系ラーメン屋「渡来武(とらいぶ)」に行ってきた。

自由が丘、学芸大学に続く3店舗目だが、武蔵小杉店が総本店という位置付けらしい。

お店は、武蔵小杉駅南口から徒歩1分の好立地にある。

渡来武武蔵小杉店の外観写真

開店2日目だったので、入口付近には開店祝いで届いた花が沢山飾られていた。

到着したのは金曜の19時30分頃。
店の前には先客が4人並んでいた。

並ぶ前に入口横(外)の券売機で食券を買う方式。

渡来武武蔵小杉店の食券機

今回はラーメン並にした。
お値段は680円。比較的安め。

店員さんに食券を渡し、ラーメンの好み(麺固めor普通or柔らかめ、脂多めor普通or少なめ、味濃いめor普通or薄め)を伝える。
このあたりは家系ラーメン屋ではおなじみ。

ライスは無料。
大中小を選べておかわりも自由。
中をお願いした。

並んでいるとは言え、ラーメン屋なので回転はかなり速い。
2,3分待ったところで席が空いたので店内へ入る。
席はカウンターのみで13席ほど。

店内は、店員さんの元気で愛想の良い声が飛び交う明るい雰囲気。
卓上にはお酢、コショウ、ショウガ、豆板醤、ニンニク、漬物といった王道調味料が置いてある。

席に座って数分でラーメンが出てきた。

渡来武武蔵小杉店のラーメン

トッピングは一般的なチャーシュー、海苔、ほうれん草の3点セット。
麺は中太のストレート。

日吉の武蔵家にどこか通ずるものを感じたので、食べ終わってから調べたら、日吉の武蔵家で修行をした方が開いたラーメン屋だそうだ。
店名の「渡来武」も「武蔵家で修行して渡って来た」というのが由来らしい。

まずはスープを一口。
口当たりまろやかで、味はしっかり家系。
うっかりするとスープだけどんどん飲んでしまいそうなほど美味い。

スープの染み込んだ海苔でライスを巻いて食べるとまた美味い。

麺はもちもちツルツルな食感でスープとの相性も抜群。
チャーシューは程よく脂が乗ってて柔らかく、良い感じ。

スープが美味しすぎてちょくちょく飲みながら食べ進めたら、麺がなくなる頃にはスープも残りわずかになっていた。
そのわずかなスープで残りのご飯をガーッとかき込み、フィニッシュ。

店員さんの感じの良い「ありがとうございましたー!」に見送られて店を後にした。

まろやかな家系スープとツルっとした麺がとても好きなラーメン屋だった。

最近の武蔵小杉は結構なラーメン激戦区になりつつあるが、その中でも一際存在感を放つお店と言えるだろう。
また近々訪問したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました