【実食レポ】完全会員制の高級焼肉店!「新進気鋭」に行ってきた

焼肉

アクセス

都内某所にある焼肉店「新進気鋭」に行ってきた。
なお、住所、外観等はお店のルールにより非公開。

ちなみに、「新進気鋭」は都内に数店舗あるが、今回は2022年1月末に新しくオープンした店舗にお邪魔した。

店内

お店に到着したのは、日曜日の17時頃。
入口で予約名を伝え、コートを預けてから席に案内してもらう。

こちらが今回利用した個室。最大8人で利用可能。黒を基調とした、高級感のある雰囲気。

また、上記の部屋以外に4人用個室が4部屋、6人用個室が2部屋ある。

メニュー

料理はコース制で、訪問時のコース内容は以下のとおり。

ドリンクメニュー。単品もあるが、複数杯飲む人は飲み放題にした方が圧倒的にお得。

新進気鋭のドリンクメニュー写真
新進気鋭のドリンクメニュー写真

おみやげも販売している。

新進気鋭のおみやげメニュー写真

フード・ドリンク写真

以下、フードとドリンク(一部)をご紹介。

まずはこの日使う食材の紹介。SNS等で写真を目にしたことがある人も多いだろう。

お肉が銀のお皿に山積みにされ、傍にキャビアやトリュフ、ライムが添えられている

紹介が終わった後はいったんプレートは下げられ、カット等された状態で順番に出てくる。

リスイエローレモンサワーで乾杯。紅茶の香りがするレモンサワー

グラスに入ったレモンサワーの写真

キムチとナムルの盛り合わせ

白色の細長いお皿にキムチとナムルが盛り付けられている

特性塩サラダ

白いお皿に盛り付けられたサラダの写真

炙りユッケ トリュフ仕立て。上に乗せられているだけでなく、ユッケ自体にもトリュフが混ぜ込まれている贅沢な一品。

白の四角いお皿の中央に小高くもられたユッケの写真

厚切りタン元。すだちを絞っていただく。なお、こちらの店舗はフルアテンド方式を採用しており、肉の焼きはすべて部屋についた担当の店員さんが行ってくれる。

白の丸皿に厚切りのタン元が8枚乗っている

アイム シャルドネ

グラスに入った白ワインの写真

黒毛和牛 ハラミとサガリ。赤身の旨みが凝縮された部位。わさびをつけていただく。

白の丸皿にハラミとサガリが4枚ずつ乗っている

黒龍

グラスに入った日本酒とボトルの写真

箸休めでキャビアが登場。箸休めで世界三大珍味が出てくるという異次元空間。

キャビア

塩の赤身肉では、北海道産黒毛和牛のフィレが登場。焼き上がり後でも箸で切れるほどの柔らかさ。粒胡椒か、先程のキャビアを乗せて食べるのがおいしい。

白の丸皿にフィレが4枚乗っている

タレの赤身肉では、2種類の部位が登場。写真手前がカイノミ、奥がフィレ。

白の丸皿にカイノミとフィレが4枚ずつ乗っている

お肉のラストはサーロイン。凄まじいサシの入り方である。

白の丸皿にサーロインが8枚乗っている

焼いたサーロインをご飯に乗せ、卵黄を落とした上にさらにトリュフをかけたら「焼きすき」の完成。見た目、香り、味すべてで楽しませてくれる至極の逸品。

箸休めのキャビアを残しておくと、こんなこともできてしまう。なんという贅沢か。

〆にコムタンスープ

メニューにはなかったが、冷麺も出てきた。小ぶりで、さっぱりとしているので、スルッと食べられる。前菜のキムチを少し取っておいて、冷麺に乗せるのも手。

小さな器に入った冷麺の写真

デザートのアイスクリーム。カシスとバニラの2種類。

丸皿に2種類のアイスが球状に盛られている

デザートと同じようなタイミングでドリンクのラストオーダーだったので、最後に山崎をロックで。

グラスに入った山崎の写真

まとめ

かなりの満腹感と共にフィニッシュ。
席にてお会計。上記のコースに飲み放題をつけて、お値段は1人あたり税込18,700円(個別会計、カード可)

金額自体はかなり高額な部類に属するが、高級感のある個室で、フルアテンドの焼肉、さらにトリュフやキャビアも食べられるという点では、一般の焼肉店とは一線を画する特別な時間を過ごすことができるお店である。また、飲み放題の内容が豪華なので、お酒をたくさん飲む人にとってはお得感のあるお店と言えそうである。

会員制なので、気軽に訪問することはできないが、会員に帯同することはできるので、チャンスに巡り会えた方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました