【実食レポ】銀座の人気鮨店が監修したまぐろ丼専門店「まぐろとシャリ 渋谷店」に行ってきた

白い丼にまぐろがぎっしり乗っている 寿司

アクセス

渋谷にあるまぐろ丼専門店「まぐろとシャリ 渋谷店」に行ってきた。

渋谷駅から徒歩で10分前後の場所にお店はある。

メニュー

お店に到着したのは、日曜日の11時30分頃。列はなかったが、満席だったため、一度入店して食券を買ってから、店外で席が空くのを待つ。

メニューは以下のとおり。

「まぐろとシャリ」のメニュー写真

専門店ということで、メニューは「まぐシャリ丼」1本のみ。量は小~極までの5段階。その他、ウニやイクラなどのトッピング、日本酒やビールなどのお酒も提供している。

今回は、一番スタンダードな「まぐシャリ丼」の中を注文することにした。食券をお店の方に渡し、店外で順番を待つ。

店内

5分ほど待っていると、席が空いたので入店。その頃には後ろに3組ほどのお客さんが並んでいた。ちなみに、ランチタイムとなると、平日、休日問わず基本は行列ができているとのことなので、時間に余裕を持った訪問がおすすめ。

店内はすべてカウンター席。調理場を囲むようにL字型に6席が配置されている。

卓上にはわさびやガリが置かれている。まぐろ丼自体にはわさびなどは添えられておらず、卓上からセルフで取る方式。

フード写真

席につくと同時に、お茶とお味噌汁が提供された。

その後、間髪入れずにまぐろ丼も提供。専門店かつ食券先渡しということもあり、回転はかなり速そう。

こちらが、今回注文した「まぐシャリ丼(中)」

白い丼にまぐろがぎっしり乗っている

特製の煮切り醤油にくぐらせたまぐろが、丼に隙間なく敷き詰められている。
実はこちらのお店、銀座にある人気鮨店「はっこく」が監修したお店で、天然の本鮪にこだわっているため、脂ののりが良く、旨みがたっぷり。プロの目利きと、独自の仕入れルートにより、良質なまぐろを安価に提供している。

お米は新潟の「こしいぶき」を使用。一粒一粒の存在感が際立つ品種。
オリジナルの赤酢で仕上げた極上のシャリが、まぐろのおいしさをより一層引き立てる。

箸で赤酢のシャリとマグロを持ち上げている写真

まとめ

最後まで満足感が落ちないおいしさで、あっという間に完食。料金は1,500円(券売機で事前支払い、PayPay等使用可)

このレベルのまぐろ丼を1,500円でいただけるというのは、かなりの感動がある。無理なく日常使いできる価格帯というのもありがたい。渋谷を訪れる方にぜひともおすすめしたいお店である。

店名 まぐろとシャリ
住所 渋谷区渋谷1-6-4 The Neat青山1階
営業時間 11:00 ~21:00
定休日 なし
公式サイト https://magurotoshari.com/

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました