【実食レポ】白金の高級鮨店大将が開いた新業態!「立喰い寿司あきら 築地店」に行ってきた

とろたくの手巻きを持つ写真 寿司

アクセス

築地にある寿司屋「立喰い寿司あきら 築地店」に行ってきた。

東京メトロ日比谷線の築地駅2番出口から徒歩で2分程度の場所にある「築地Kyビル」の地下1階にお店は入っている。日比谷線・都営浅草線の東銀座駅や、都営大江戸線の築地市場駅からも徒歩圏内。

築地Kyビルの外観写真

エスカレーターで地下に降りると、すぐ右手にお店がある(写真は開店前)

メニュー

お店に到着したのは、祝日の11時すぎ。オープンは12時だが、この時点で既に4人のお客さんが並んでいた。実は「立喰い寿司あきら」は、白金の高級店「鮨龍尚(しょうりゅう)」の大将がオープンさせたお店で、ネタも同じものを使っていることから、お寿司好きの間では既に有名店となっている。

人気店な上に、席は9席しかないので、1巡目で入店したい場合には、早めに並んでおくのがおすすめ。ちなみに、この日は11時20分すぎには、列が2巡目に突入していた。

並び始めてしばらくすると、お店の方が出てきて、当日のネタが書かれた紙を渡してくれる(公式TwitterInstagramでも発表される)

並んでいる間に、上記の表の右端の列に注文数を記入し、お店の方に渡して注文完了(グループ内で個別会計可能)。基本的に追加注文はできないので注意。

ドリンクメニュー。並んでいる間に1杯目を注文するが、ドリンクについては入店後も追加注文できる。

立喰い寿司あきらのドリンクメニュー
立喰い寿司あきらのドリンクメニュー

店内

11時50分すぎにお店がオープンし、先頭のお客さんから順に入店。

店内はすべてカウンター席で、L字型に9席が配置されている。店名のとおり、椅子なしの立喰い形式。

「立喰い寿司あきら 築地店」の店内写真

フード・ドリンク写真

以下、提供順にフードとドリンクをご紹介。

産土(うぶすな) 2021 山田錦

銚子の金目鯛

天草の小肌

いわし。締めてから2日寝かせている。

下田の本まぐろ赤身

カウンターに置かれた赤身の握り

本まぐろ中とろ

カウンターに置かれた中トロの握り

赤身漬け。和辛子を合わせている。

カウンターに置かれた赤身漬けの握り

いわし(2貫目)

カウンターに置かれたいわしの握り

毛かに。肩肉(胴)と脚と味噌を合わせている。

カウンターに置かれた毛かにの握り

北方領土のエゾバフンうに。ミョウバン不使用。

エゾバフンうにの握りを手のひらの上に乗せている

のどぐろ塩炙り

カウンターに置かれたのどぐろの握り

とろたく。1枚50円(大判なら100円)もする高級海苔「こんとび」を使用しており、今回、個人的に一番のお気に入り。

とろたくの手巻きを持つ写真

まとめ

席にてお会計。上記11貫+日本酒でお値段は、約7,500円。
ランチとしては高めの価格だが、いわゆる高級鮨をこのお値段でいただけるのは、非常にコスパが良いと言えるだろう。また、おまかせではないので、好きなネタを好きなだけ食べられるのも利点である。お寿司好きなら一度は行くべきお店として、ぜひおすすめしたい。

店名 立喰い寿司あきら 築地店
住所 東京都中央区築地4-7-5 築地KYビルB1
営業時間 12:00~21:00
※訪問時。昼営業のみの場合あり
定休日 なし(不定休)
TEL. 080-4126-3538
公式Instagram https://www.instagram.com/
stand_up_sushiakira_tsukiji/

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました