【実食レポ】ザ・グラン銀座「ルビーチョコと苺づくしの”Ruby&Pink”アフタヌーンティー」に行ってきた

飲食

アクセス

銀座で開催中の「ルビーチョコと苺づくしの”Ruby&Pink”アフタヌーンティー」に行ってきた。

「ルビーチョコと苺づくしの”Ruby&Pink”アフタヌーンティー」が行われているのは、銀座にある商業施設「GINZA SIX」13階にあるラウンジ、「ザ・グラン銀座」
東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線の銀座駅A3出口から徒歩で約2分、東京メトロ日比谷線、都営浅草線の東銀座駅A1出口から徒歩で約3分で行けるほか、東京メトロ有楽町線、JR 山手線・京浜東北線の有楽町駅などからも徒歩圏内(詳細なアクセスは公式サイトを参照)

「GINZA SIX」の外観写真

店内

ザ・グラン銀座に到着したのは、日曜日の12時30分頃。入口で予約名を伝え、そのまま席へ案内してもらう。

ザ・グラン銀座と書かれた入口の写真

ラウンジ内はかなり広く、テーブル席やソファ席、窓際の席や和風の空間など、様々な希望に応えられるバリエーションがある。席同士の間隔は広めで、ゆったりとくつろげる環境。


メニュー

今回の「ルビーチョコと苺づくしの”Ruby&Pink”アフタヌーンティー」のメニューは以下のとおり。

「ルビーチョコと苺づくしの”Ruby&Pink”アフタヌーンティー」のメニュー写真

ドリンクは紅茶やコーヒーなどが飲み放題。

「ルビーチョコと苺づくしの”Ruby&Pink”アフタヌーンティー」のドリンクメニュー

フード・ドリンク写真

以下、ドリンクの一部とフードをご紹介。

ムーンフルーツブラックティー。ポットで提供。量はカップ2杯分。

カップに入った紅茶とティーポットの写真

ホットルビーチョコレート

表面が白い泡で覆われたチョコレートドリンクが白のカップに入っている

続いて、苺のミルフィーユと、3段のティースタンド(1台で2人分)が運ばれてきた。

苺のミルフィーユが白い平皿に乗っている

下段

左から

  • 苺のスコーン ベリーソース
  • 苺の俵寿司 こぼれマスタマ
  • 苺とトマトのカッペリーニ

苺はある程度酸味のあるものが使われており、お寿司やカッペリーニとのバランスが上手く取られていた。

中段

左から

  • ベリーローフのフォアグラオープンサンド
  • サーモンムースと苺のサルサ
  • ルビーチョコレートのカヌレ
  • ルビーチョコレートの生チョコサンド
  • 鴨の生ハムと苺のピンチョス

上段

左から

  • 苺と薔薇のマカロン
  • 苺のクリームチーズのテリーヌ
  • まるごと苺のルビーチョコレート ピンチョス
  • 苺と白ワインジュレのヴェリーヌ

その他、3種類ほどのお茶をいただきつつ、おいしく完食。

まとめ

約3時間の滞在で、上記のフードとドリンクをいただいた。

入口付近のレジでお会計。お値段は税・サービス料込みで1人あたり5,500円(カード等使用可)
ストロベリーメインのアフタヌーンティーだと、スイーツ系が多そうなイメージがあるが、今回は趣向を凝らしたお食事系のメニューも多いため、飽きることなく楽しむことができた。お値段も、銀座ということを考えると比較的リーズナブルで、ゆったりとリラックスできるため、ショッピングで銀座に立ち寄る方などにもおすすめしたい。

店名 ザ・グラン銀座(ルビーチョコと苺づくしの”Ruby&Pink”アフタヌーンティー)
住所 東京都中央区銀座六丁目10番1号 GINZA SIX 13階
営業時間 11:00~21:00(L.O.20:00)
※まん延防止等重点措置により短縮営業中
期間 2022年1月2日(日) ~ 4月30日(土)
TEL. 03-6280-6129
公式サイト https://www.grandginza.com/news/news-1503-3/

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました