寿司屋「おたる政寿司 ぜん庵」に行ってきた

「おたる政寿司 ぜん庵」の「茜・あかね」の写真 寿司

小樽にある寿司屋「おたる政寿司 ぜん庵」に行ってきた。

JR函館本線の小樽駅から徒歩で約10分の場所にお店はある。

「おたる政寿司 ぜん庵」の外観写真

チェーン展開しており、近くに本店があるほか、銀座と新宿にもそれぞれお店がある。
今回は旅行の一環としての訪問だったため、小樽運河に近いこちらの店舗を予約した。

お店に到着したのは、金曜の18時30分。
予約を入れておいたので、並ばずに入店。

店内はかなり広く、通りが見下ろせるテーブル席や、小樽運河が見えるサブカウンター、職人さんが寿司を握るのが目の前で見られるメインカウンターなど、席のバリエーションは豊か。
個室もあるようで、すべて合わせると席数は70~80席くらいはありそう。

席につくとまずドリンクのオーダーを先に聞かれたので、ドリンクメニューを見て考える。

「おたる政寿司 ぜん庵」のドリンクメニューの写真

上のメニューの他に日本酒のメニューもある。

「おたる政寿司 ぜん庵」の日本酒メニューの写真

せっかくなので小樽の地酒を飲もうと思い、田中酒造の「宝川」の「しぼりたて生原酒」を注文した。

ドリンクの注文が終わり、フードの方を考えていたところ、もうお酒が提供されたので、先に乾杯。
良い提供スピード。

「宝川」の「しぼりたて生原酒」の写真

味はやや辛口くらいで、フレッシュでフルーティーな味わい。
まだ料理を頼んでもいないのにどんどん飲んでしまいそう。

さて、あらためてメニューを見て考える。
セットから単品、三貫づくし、おつまみ系、さらには和牛ステーキまであり、非常に種類が多い。

ここまで種類があるとなかなか決めるのが難しい。

結局、セット1つを同行者とシェアすることにし、あとは三貫づくしで好きなネタを重点的に攻めることにした。

まずは、「茜・あかね」
内容は、左上から順にマグロ赤身、たこ足、にしん、カニ、こぼれいくらのうにのせ、甘えび、ほたて、サーモン、かんぱち、中とろ。

「おたる政寿司 ぜん庵」の「茜・あかね」の写真

 

サーモン三貫づくし
右から、ときしらず、炙りサーモン、サーモン

「おたる政寿司 ぜん庵」の「サーモン三貫づくし」の写真

ときしらずが食べたかったので、全員1つずつ注文したが、これが正解だった。
身はふわっとやわらかく、脂が乗っていて濃厚な味。

うに三貫づくし
右から、海水うに、海水うに炙り、ミョウバン漬けのいわゆる普通のうに。

「おたる政寿司 ぜん庵」の「うに三貫づくし」の写真

食べ比べてあらためて思い知る、海水うにとミョウバンうにの圧倒的な差。
前者の甘みは段違いで、苦味は皆無だし、口当たりも滑らか。
食べ比べることはあまりないので、貴重な機会だったかもしれない。

以下は同行者の注文品。

光物三貫づくし(右からサバ、にしん、こはだ)

「おたる政寿司 ぜん庵」の「光物三貫づくし」の写真

マグロ三貫づくし(中とろ、大とろ、赤身)「おたる政寿司 ぜん庵」の「マグロ三貫づくし」の写真

上記のお寿司と日本酒1~2合/人をいただき、お会計は3人で約16,000円。
食べた量、クオリティを考えるとかなり割安に感じる。

静かで過ごしやすい店内も良いポイント。
小樽訪問時の寿司屋候補のひとつとしてぜひ覚えておきたい。

店名 おたる政寿司 ぜん庵
住所 北海道小樽市色内1-2-1
営業時間

11:00~15:00(L.O. 14:30) 
17:00~20:30(L.O. 20:00)
※当面の間の営業時間

定休日 木曜日
※祝祭日、行事などにより変動する場合あり
TEL. 0134-22-0011
公式HP http://www.masazushi.co.jp/shop_zenan.html

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました