焼肉屋「赤身肉と塩ホルモン べんてん」に行ってきた

「赤身肉と塩ホルモン べんてん」の上牛タン 焼肉

清瀬にある焼肉屋「赤身肉と塩ホルモン べんてん」に行ってきた。

西武池袋線清瀬駅南口から徒歩2分ほどの場所、細い路地の中にお店はある。
駅からお店までの道中には先日紹介した「みゆき食堂」がある。

「赤身肉と塩ホルモン べんてん」の外観写真

お店に着いたのは土曜日の18時30分くらい。

入口近くのカウンター席に通された。
非常に清潔感がある店内で、カウンター席からはお店の方が肉をカットする様子が見える。
カットする部位を変えるごとにまな板は綺麗に掃除しており、丁寧さがうかがえる。

「赤身肉と塩ホルモン べんてん」の店内写真

カウンターは9席しかないが、奥の方に4人掛けテーブルが4卓、2人掛けテーブルが4卓あったので、全体では30席を少し超えるほど。

1人でも気軽に利用できる雰囲気で、実際、到着したときも既に1人がお店の方と談笑しながら肉を焼いていた。
一方、テーブルの方は家族連れや友人グループで来店している方が使うことが多いようで、奥の方からにぎやかな笑い声が聞こえる。

ドリンクメニュー
ハイボールが結構充実している。

「赤身肉と塩ホルモン べんてん」のメニュー写真

前日に「清瀬ダイニング」でそこそこ飲んでいたので、この日はブラッドオレンジジュースをオーダー。

フードメニュー

「赤身肉と塩ホルモン べんてん」のメニュー写真

 

カルビやロースなど、概ね一般的なメニューが並ぶ中、目を引く生ラムの肩ロース。
普通の焼肉屋じゃあまり見ない気がする。
変わり種として「カブ」なんてのも。

お持ち帰り用メニューとして「とろとろ牛すじ煮込み」や「牛すじカレー」もある。

「赤身肉と塩ホルモン べんてん」のメニュー写真

軽めの夕飯として立ち寄ったので、上牛タンとハラミを注文。

注文後、すぐにお店の方がカットを始め、2~3分程度で上牛タンが出てきた。

「赤身肉と塩ホルモン べんてん」の上牛タン

卓上には網の設置はされておらず、肉は注文後に持ってきてもらえる七輪で焼いていく。

「赤身肉と塩ホルモン べんてん」の七輪の写真

結構厚めにカットされた上牛タン、良い感じの食感。

ここで、ふと気になって「ピリ辛ネギ豆腐」を追加注文してみた。

「赤身肉と塩ホルモン べんてん」のピリ辛ねぎ豆腐

ひんやりした豆腐にピリ辛な味付け、お酒が進みそうな味である。
今回お酒は注文してないけど。

すぐにハラミも登場。

「赤身肉と塩ホルモン べんてん」のハラミ

非常に柔らかくて食べやすい。
味も普通に美味しい。

上記の品を注文し、お会計は約3,500円。
この肉質でこの価格なら妥当なラインだと思う。

そこまで高額にならないので、家族連れで使うにも良さそうだし、お店が清潔でニオイもつきにくいので、デート等で使うのにもおすすめである。

店名に含まれている「ホルモン」や、肉寿司も気になるので、次回訪問した際に注文してみようと思う。

店名 赤身肉と塩ホルモン べんてん
住所 東京都清瀬市松山1−14−1
営業時間 17:00~22:00(L.O. 21:00)
定休日 なし
TEL. 070-2822-3432
公式サイト https://benten-kiyose.com/

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました