家系ラーメン「武蔵家 日吉店」に行ってきた

武蔵家 日吉店のラーメン(並) 家系ラーメン

日吉にある家系ラーメン屋「武蔵家 日吉店」に行ってきた。

東急東横線・目黒線、横浜市営地下鉄グリーンラインの日吉駅から徒歩2,3分の場所、中央通りと浜銀通りに挟まれたブロック内にお店はある。

武蔵家 日吉店の外観写真

お店に到着したのは日曜日の17時頃。
さすがに雪の日かつ時間が微妙だったこともあり、待ち列はなかったが、それでも5人ほど先客がいた。

普段は待ち列がないことの方が珍しいくらいで、特に平日の食事時は基本的に店外まで行列ができている。
ラーメン屋なので回転は速い方だが、ある程度時間に余裕を持って行くのがおすすめ。

入口に設置されている食券機で先に食券を買う方式
客層はかなり男性寄りだが、一応「レディースラーメン」もメニューにあったりする。

武蔵家 日吉店の食券機

食券を買ったら、席に座り、お店の方に食券を渡す。
席はすべてカウンターで、全部で15席くらいある。

なお、お水はセルフサービスで、食券機の近くに給水機が置いてある。

ラーメンの好み(麺固めor普通or柔らかめ、脂多めor普通or少なめ、味濃いめor普通or薄め)の指定があれば食券を手渡す時にお願いできる。
また、ライスが無料でつくので、それもこの際に伝える。
(基本的にはお店の方に食券を渡すと向こうから聞いてくれる)

卓上にはお酢、コショウ、ゴマ、ショウガ、豆板醤、ニンニクといったおなじみの調味料。

武蔵家 日吉店の卓上においてある調味料

入店から5分弱でラーメンが提供された。

今回注文したのは、一番スタンダードなラーメン(並)
お値段は650円と、最近にしてはかなり安め。

武蔵家 日吉店のラーメン(並)

まろやかな色合いのスープと、トッピングのチャーシュー、ほうれん草、そして海苔が3枚。
麺は中太

まずはスープを一口。
とろっとした舌触り。
塩気はすこし強めで、今までに紹介したところだと、渡来武より強く、綱島商店より弱めといった感じ。

スープに浸した海苔でライスを巻いて食べると非常に美味しい。

ラーメンはそのままでももちろん美味しいが、半分くらい食べたところで卓上の調味料を使って自己流にアレンジすると二度楽しめて良い。
ちなみに個人的にはにんにくと豆板醤をスプーン1杯ずつ入れるのがおすすめである。

麺を食べ終えたところで、残りのライスをスープに加え、一気に完食。
元気なご挨拶に見送られて店を後にした。

なかなか時間が取れず、今回久しぶりの訪問だったのだが、以前と変わらぬ確かな実力を見せていただいた。
さすがにラーメン激戦区日吉で存在感を放ち続けるだけのことはある。
今後も定期的に利用させてもらいたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました