【実食レポ】旬の食材とクラシカルなビストロ料理!「TROMPETTE」に行ってきた

アクセス

小伝馬町にあるビストロ「TROMPETTE(トロムペット)」に行ってきた。

東京メトロ日比谷線の小伝馬町駅から徒歩で3分程度の場所にお店はある。最寄りは1番出口で、他にも馬喰町駅、馬喰横山駅、東日本橋駅など、複数の駅から徒歩圏内。

「TROMPETTE」と書かれた看板の下、茶色の扉が目印。

店内

お店に到着したのは、祝日の17時頃。この日は貸切のため、そのまま席へ。

お店の規模は小さめで、奥に細長い店内に、テーブル席が並んでいる。総席数は10席。

ちなみに、訪問(2022年11月)時点で、2023年の2月くらいまで予約が埋まっていた。今後も人気が伸びることが予想されるため、予約は早めに取っておくのがおすすめ。

メニュー

メニューは以下のとおり。時期によって、一部のメニューは変更される。

ドリンクメニュー。特にワインが充実。








フード・ドリンク写真

以下、フードとドリンクを提供順にご紹介。

Villa Marcello Prosecco Millesimato Brut

アミューズは豚肉のリエット。なめらか食感で、塩味は控えめの優しい味。ザクザクのバケットと一緒にいただく。

白子のムニエル。表面はカリッと香ばしく、中身はトロトロで濃厚な味。白ワインとあさり出汁のクリームソースもおいしい。なお、以降のフード写真はすべて4人分。

Rene Mure Alsace Assemblage

帆立とウニのムース詰め ヒラメのパイ包み焼き。ブールブランソースという、バターを使った濃厚なソースがかかっているが、主張が強すぎないので、メインの味を上手く引き立てている。

断面。ヒラメの淡白な味とウニの濃厚な味の調和が取れている。

Beaujolais Villages Blanc

ズワイガニのリゾット。圧倒的に濃厚なズワイガニの風味が押し寄せてくる。カニ好きにはたまらないだろう。ふんだんに使われた蟹身と、たっぷりかかったブラータチーズもおいしい。

Paul Garaudet Bourgogne Chardonnay

短角牛のタルタル。岩手県産の短角牛のおいしさをダイレクトに感じられる。

Cargnin Vieilles Vignes

コロッケ。とは言っても普通のコロッケではない。中身には豚足、タン、耳などが使われており、コラーゲンたっぷりのプルプル食感が楽しめる。スパイス香るソースとの相性も良い。

デザートは3種類。まずはレモンタルト。レモンの酸味がしっかり効いていて、さっぱりとしている。

ヌガーグラッセ。ザクザクとした食感が新鮮。ヌガーの甘さとフランボワーズソースの酸味のバランスが絶妙。

クレームショコラ。ほろ苦い大人の味。添えられているのはヘーゼルナッツのアイスクリーム。

まとめ

席にてお会計。上記の料理、ドリンクをいただき、お会計は8人で税込み88,000円(カード使用可)

クラシカルなビストロ料理や旬な食材を使ったメニューを存分に味わえるお店だった。規模が小さく、落ち着いた雰囲気で食事を楽しめるのもポイント。この付近のビストロと言えば「アンファス」が有名だが、こちらのお店も同様に知名度が上がるに連れ、人気もどんどん上昇していくことだろう。少人数でゆっくりと食事を楽しみたい方にぜひおすすめしたい。

店名 TROMPETTE(トロムペット)
住所 東京都中央区日本橋小伝馬町17-4 電気防災ビル1F
営業時間 12:00〜14:00(L.O.) / 18:00〜22:00(L.O.)
定休日 月曜日、火曜日
※祝日の場合は営業し、翌日が休み
TEL. 03-6661-2474
公式Instagram https://www.instagram.com/trompette170518/
※DMにて予約受付

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました