渋谷PARCOの「渋谷焼肉KINTAN」に行ってきた

仙台牛赤身肉の3種盛り合わせの画像です。 焼肉

2019年11月22日にリニューアルオープンした渋谷PARCOにある渋谷焼肉KINTANに行ってきた。

既に恵比寿や六本木など、おしゃれな場所をメインに出店している焼肉屋の系列店である。

エスカレーターで7階に上がり、お店に向かう。
ウッド調の入口にはスーツ姿の担当の方がいらっしゃって、清潔感・高級感がある。

日曜の18時30分頃、予約なしだったがすぐに席のセッティングをしてくれて入店できた。

フロアレイアウトの都合で、店内は細長い間取り。
入口付近に個室と思われる扉がいくつある。
そこを抜けると次は窓に面したカウンター形式の席があり、さらにその奥が開けた空間となっている。

照明は抑え気味で、ムード重視の雰囲気
(店内の様子がわかるように明るく加工しているので、実際はもう少し暗め。)

渋谷焼肉KINTANの店内風景写真です。

今回は中程の席(上記写真撮影位置)だったので奥は見られなかったが、結構広そう。

実際、フロアマップを見るとKINTANが一番広い。

渋谷パルコ7階のフロアマップです。赤線で囲っているのが渋谷焼肉KINTANです。

席につき、ドリンクは生レモンサワーを注文した。
店員さんの接客が丁寧で感じが良い。

生レモンサワーは美味しかった。
美味しかったのだがそれ以上に、後で飲んだ赤グレープジュースがとても濃厚で美味しかった。
それもそのはず、このグレープジュース、生レモンサワーより高い(レモンサワー600円、グレープジュース780円)
白グレープジュースもあったので次回飲んでみよう。

グレープジュースの画像

さて、今回注文した肉は「30日間熟成KINTAN」と「仙台牛赤身肉の3種盛り合わせ」

KINTANは右奥がタン下、左奥がタン先、手前がタン元。

タン元はまさにタン!という感じの抜群の食感。
熟成肉の旨味もしっかり感じられる。
タン下はしっかり脂が乗っており、タン先は食感、脂共にタン元とタン下の中間といった感じ。

赤身肉盛り合わせは左奥がトモサンカク、右奥ランプ、手前がモモ。

まずはさっぱりとしたモモをいただく。
とても柔らかくて旨味がある!
今回いただいた中ではこのモモが一番美味しかったと思う。

続いてランプ。噛むと旨味が溢れてくる。
トモサンカクは少し筋張ってはいたが、それを補って余りある美味しさ。

お会計は2人で8,478円
割安という感じではないが、サービスや店内の雰囲気等考えたら妥当な価格かなという感じ。

お会計のレシート画像です。2人で8,478円でした。

ちなみに他のメニューは以下のような感じ(一部抜粋)

渋谷焼肉KINTANメニュー写真です。 渋谷焼肉KINTANメニュー写真です。

大勢でワイワイやるというよりは、仲良しグループやデートなどで来るのがおすすめのお店である。

なお、2019年12月末までは、通常のコースの他にオープン記念スペシャルコースというのがあるようだ。

渋谷焼肉KINTANのコースメニュー写真です。

今回は注文しなかったが、ユッケや肉寿司などを押している店でもあるので、次回は頼んでみようと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました