中華そばや和凡に行ってきた

清瀬にある中華そばや和凡の中華そば(醤油) ラーメン

清瀬にある「中華そばや和凡」に行ってきた。

2019年5月オープンの、まだ新しいお店で、九十九里浜産の煮干しをたっぷり使ったラーメンがウリ。
東京ラーメンオブザイヤー2019-2020新人煮干部門優秀賞受賞。

清瀬駅南口から5分ほど歩いた商店街の中にお店はある

清瀬にある中華そばや和凡の外観写真

席はカウンターのみ9席。
入口で食券を買う方式。

清瀬にある中華そばや和凡の食券機

時刻は13時半前。
並んでいる人はいなかったが満席だったので15分くらい待つことに
だが、僕の直後に7人ほど並んだので、到着したときはむしろ混雑していないくらいだったのかもしれない

席に着いてから食券を出す。
席からは店主の丁寧なラーメン作りを見ることができる。

食券を出してから10分くらいでラーメンが出てきた。
土曜日限定の純ニボシラーメンも気になったが、初回なので中華そば(醤油)をセレクト。
お値段は750円。

清瀬にある中華そばや和凡の中華そば(醤油)

美しい見た目で、丁寧に作られていることがうかがえる。
スープの色が普通の醤油ラーメンとはだいぶ違うのは煮干しによるものだろう。

まずはスープを一口。
煮干しの風味がすごい。相当強い。
ただ、醤油とのバランスも上手く取れていて、美味しい。

麺は細めのストレート麺。
ある程度の甘みがあってスープの味と合っている。

メンマが柔らかくて個人的にとても良い。
チャーシューは淡白で、煮干しの風味を殺さないようになっている。素晴らしい。

スープまで完飲し、店を後にした。
ありがとうございました」と言ってくれる店員さんの感じもとても良い。

和え玉や純ニボシラーメンも気になるので次回はそちらを試してみよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました