ラーメン屋「魚と豚と黒三兵」に行ってきた

「魚と豚と黒三兵」の「魚豚骨ラーメン」の写真 ラーメン

西新宿にあるラーメン屋「魚と豚と黒三兵」に行ってきた。

都営大江戸線の西新宿五丁目駅から徒歩で5分弱の場所にお店はある。
大通り(十二社通り)沿いではなく、1本入った路地にあるので注意。

お店に到着したのは、平日の12時すぎ。
お昼時とあって、サラリーマンで混雑しており、店の前には5人ほどの行列ができていた。

券売機ではなく、お店の方がオーダーを取る方式。

混雑時には店外に並んでいる間に注文を聞かれるので、お店の前に置いてあるメニューを見て考える。

「魚と豚と黒三兵」のメニュー写真

麺は「魚豚骨ラーメン」「魚出汁ラーメン」「魚つけ麺」の3種類。
その他に炒飯やレアチャーシュー丼などのご飯ものも取り扱っている。
また、夜メニューではお酒を提供していて、居酒屋的な利用もできるようだ。

並び始めて5分弱でお店の方がオーダーを取りに来た。

今回は「魚豚骨ラーメン」を注文。
お値段は850円。
西新宿でのランチとしては安め、ラーメンとしては普通くらいの価格である。

オーダー後、5分くらいしたところで席が空き、入店。
店内は厨房に面したカウンター席が6席と、2人掛けテーブルが2卓、4人掛けテーブルが1卓の、合計14席。

入店から7分ほどでラーメンが提供された。

こちらが今回注文した「魚豚骨ラーメン」

「魚と豚と黒三兵」の「魚豚骨ラーメン」の写真

濃厚そうなスープの上に、チャーシュー、ねぎ、玉ねぎ、カイワレ、味玉がトッピングされている。
デフォルトで味玉と3のチャーシューがトッピングされていることを考えると、850という価格はむしろお得な方かもしれない。

まずはスープから一口。

スープを口に含むとまず魚介系の味と香りが前面に出てくる。
そして後からやってくる、まろやかでクリーミーな豚骨。
両者が良い感じで調和しており、魚介の味を存分に出しながらも、尖りを感じさせないようなマイルドな仕上がりになっている。

麺は中細の自家製麺で、小麦の甘みを強く感じるもの。
食感はもっちりしていて、スープが良く絡む。

「魚と豚と黒三兵」の「魚豚骨ラーメン」の写真

チャーシューは脂少なめで、肉の味がしっかり感じられる薄切りタイプ。

「魚と豚と黒三兵」の「魚豚骨ラーメン」のチャーシュー

とろっとした半熟の味玉は味がしっかり染みている。
また、食感と辛みを残した玉ねぎが後味のさっぱり感を演出。

魚介と豚骨のバランスが見事で、麺も美味しい、他ではなかなか味わえないような美味しいラーメンだった。
また近々訪問させていただきたい。

店名 魚と豚と黒三兵
住所 東京都新宿区西新宿4-16-3 マンション西新宿1F
営業時間 ランチ:11:00~15:00(ラストオーダー)
ディナー:17:30~21:30(ラストオーダー)
定休日 祝日
TEL. 03-6383-3624

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました