松尾ジンギスカン赤坂店に行ってきた

ジンギスカンの写真 焼肉

松尾ジンギスカン赤坂店に行ってきた。

北海道を主戦場とするジンギスカンの有名チェーンだが、東京にも5店舗ほど展開している(2019年12月現在)
都内の店舗は今回が初めての訪問。

赤坂駅から2,3分歩いたところにあるビルの1階にお店が入っている。
場所柄、レジの周りには結構な数の有名人のサインが飾られていた。

松尾ジンギスカン赤坂店の入口の写真

他の店舗に席の空きがなかったため、赤坂店を予約したのだが、訪問した金曜日19時半前の時点では満席ではなかった。
他の店舗よりも席数が多いのだろうか。
とりあえず東京の店舗の中では比較的予約が取りやすそうだ。

隣の席とはパーテーションで区切られているので、視線などは気にならない。

松尾ジンギスカン赤坂店の店内写真

 

今回頼んだのは極上ラムリブロースジンギスカン北海道限定クラシック食べ飲み放題プラン。
お値段は8,000円。

松尾ジンギスカン赤坂店の極上ラムリブロースジンギスカン北海道限定クラシック食べ飲み放題プラン

以前新千歳空港で食べた時よりもかなり高い感じがしたので調べたら、似たようなプランでも東京の方が1,000〜2,000円ほど高いようだ。
例えば、本店ではリブロース含む90分食べ飲み放題が6,000円で提供されている(本店の宴会プランはこちら

ちなみに赤坂店の他の食べ飲み放題メニューは以下のとおり。
マトンオンリーで飲み放題をつけなければ5,000円から楽しめる。

松尾ジンギスカン赤坂店の食べ飲み放題メニュー

食べ飲み放題だけではなく、通常のコースメニューも存在する。

松尾ジンギスカン赤坂店のコースメニュー

もちろん通常のアラカルトメニューも存在する。

飲み放題のドリンクメニューは次のとおり。
夕張メロンやハスカップ、リボンナボリンなど、関東ではほとんど見かけないようなラインナップもある。
さらに今回頼んだコースではサッポロクラシックも飲み放題となる。

松尾ジンギスカン赤坂店の飲み放題メニュー

サッポロクラシック

飲み放題メニューは上の写真に記載されているものだけだが、それ以外のドリンクメニューはワインや日本酒など、非常に多岐にわたる。

今回頼んだコースだが、とりあえず一式出てきた後、好きなものを追加で注文できる方式。

オーダー後すぐに最初のセットが運ばれてきた。

まずは4種盛り。
右上から時計回りに特上ラム、普通のラム、マトン、ラムはつ。

松尾ジンギスカン赤坂店の4種盛りの写真

焼き方の説明を兼ねて、最初だけお店の人が焼いてくれる。

ジンギスカン用の鍋は周囲に溝があり、そこから中心に向かって盛り上がるような形となっている。
周囲の溝にたれを入れ、野菜をその内側に配置、中央にスペースを作ってそこで肉を焼いていく。

ジンギスカンの写真

ラム、マトンは両面がしっかりと焼けた頃が食べ頃らしい。
なお、はつだけは念のためしっかりと火を通してほしいとのこと。

ちなみに構造上、野菜やたれが焦げ付くのは避けられないそうだが、店員さんにお願いすれば鍋は随時無料で交換してもらえる。

まずは焼いてもらった普通のラムをいただく。臭みは全くなく、とても美味しい。
一応、「程よい脂を含むお肉」という説明がなされているが、牛肉の感覚を前提として想定していると、その淡白さに驚くことだろう。
肉はしっかりと下味がついているので、そのままでも美味しいが、お好みで雪わさびや卵につけるのも良い。

続いて特上ラム。
柔らかくてとてもヘルシーな感じ。
素人舌でも普通のラムより上等な品であることがはっきりとわかる

マトンは親羊の肉(ラムは仔羊)で、関東ではラムがオーソドックスだが、北海道ではマトンも定番だとか。
ラムと比べると癖のある香りがするが、特に気にはならない。
ただ、マトンの独特なにおいが苦手という方はラムにした方が良いかも。
ちなみに、栄養価についてはマトンはラムの5倍以上と言われているらしい。

ラムはつは仔羊の心臓の肉。
筋繊維の歯ごたえは感じられるが、鶏や牛ほどの主張はない。
しかも内臓だと感じさせるような香りはないので、肉だと言われればわりと納得してしまいそう。
ホルモン系が苦手な人も問題なく食べられそうである。

4種盛りを食べた後は、今回のコース限定のラムリブロース。
1頭の仔羊から約700グラムしか取れない希少部位である。

ラムリブロース

脂に旨味が感じられる。
肉の柔らかさは普通ラムと特上ラムの中間くらい。

5種類の肉を食べ終えたところで追加注文に移る。
全体的に美味しいのだが、特上ラムとリブロースの美味さは群を抜いているので、それらに絞って追加オーダー。

次々と注文した肉がどんどん胃に吸い込まれていく。
特に特上ラムはさっぱりしているのでいくらでも食べられてしまう。
リブロースと合わせて最終的に4人で20人前あまりを追加オーダー。大満足。

せっかくメニューにあるので最後にソーセージもオーダーし、シメにはうどん。
うどんは鍋の溝を使ってたれで煮込んで作る。濃いめの味になったうどんを卵につける食べると美味い。

デザートはご馳走プリン(カスタードプリン)
北海道江別市で製造しているものである。
甘みが強くておいしい。

ご馳走プリン

本場と比べると割高ではあるが、肉の質も良いし、飲み放題もついて8,000円なので満足度はかなり高かった。
ラムリブロースと特上ラムが圧倒的に美味しいので、訪問時はこれらが含まれたコースを選択するのがおすすめである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました