【実食レポ】シンプルを極めた懐かしの醤油ラーメン!「手打ちラーメン 清仁軒」に行ってきた

「清仁軒」の「懐かしの醤油ラーメン」の写真 ラーメン

アクセス

北高崎にあるラーメン屋「手打ちラーメン 清仁軒」に行ってきた。

JR信越本線の北高崎駅から徒歩で10分少々の場所にお店はある。JR各線・新幹線・上信電鉄上信線の高崎駅からは徒歩で20分前後の距離。

「清仁軒」の外観写真

メニュー

お店に到着したのは、休日の11時過ぎ。11時のオープン直後の到着だったが、既に店内は満席で、5人ほどの先客が列を作っていた。

先に食券を購入する方式ということで、一度店内に入り、券売機で食券を購入する。

「清仁軒」の券売機の写真

ベースのラーメンは「醤油ラーメン」と「塩ラーメン」の2種類で、味玉やワンタンなどのバリエーションがあるほか、ご飯物も充実している。

今回は、「懐かしの醤油ラーメン」と「ごろごろチャーシューカレー」を購入した。お値段はそれぞれ780円と、300円。

食券を購入した後は、一度店外に出て順番を待つ。

店内

到着から25分ほどで席が空き、着席。この際に、お店の方に食券を渡す。麺は「細麺」か「手打ち麺」を選べるということだったので、「手打ち麺」をお願いした。

店内は厨房を囲むL字型のカウンター席が7席と、2人掛けのテーブルが2卓ある。席の間にはコロナ対策のパーテーションを設置。

「清仁軒」の内観写真

なお、我々の入店時、待ち列はさらに伸びて10人以上となっていた。営業時間は15時までだが、売切れ次第終了のため、時間に余裕を持った到着をおすすめする。

フード写真

入店から5分ほどでラーメン、その後すぐにカレーも提供された。

こちらが今回注文した「懐かしの醤油ラーメン」

「清仁軒」の「懐かしの醤油ラーメン」の写真

透き通った色のスープに、チャーシュー、メンマ、なると、ネギがトッピングされた、まさに「懐かしの」というフレーズを冠するにふさわしい王道の醤油ラーメン。

王道なのは見た目だけではなく、スープの味はあっさりとした優しい口当たりで、誰もが思い描ける「ずっと昔に食べた美味しい醤油ラーメン」のイメージにぴったり。少し辛みのあるネギも、良い感じの存在感を放っている。

手打ちの平縮れ麺。もちもちの歯ごたえと、つるつるの喉越しが光る。

割り箸で麺リフトしている写真

チャーシュー。脂と肉がバランス良く含まれた薄切りタイプ。

割り箸でチャーシューを持ち上げている写真

メンマ。最近多い柔らか系ではなく、ちゃんと硬さを残した「懐かし」のメンマ。

割り箸でメンマを持ち上げている写真

カレー

白い器に入ったカレーライス

名前のとおり、ごろごろとしたチャーシューがたくさん入っており、なかなか食べごたえがある。味はかなり甘口なので、辛いものが苦手な人でも食べられるだろう。

まとめ

醤油ラーメンとカレーライスの2品を注文し、お値段は合計で1,080円(先払い、現金のみ)

ジャンルが細かく枝分かれし、独創性を打ち出すラーメンも多い現代、原点とも言えるようなシンプルな醤油ラーメンの美味しさをひたすらに追求する姿勢には、一周回って新鮮さを感じた。
そして、シンプルながらも麺などには確かなこだわりがあり、だからこそ出せるクオリティがそこにはある。昔懐かしい、美味しい醤油ラーメンを食べたいという人にぜひおすすめしたい。

店名 手打ちラーメン 清仁軒
住所 群馬県高崎市本町117-3
営業時間 11:00~15:00
定休日 水曜日、第一・第三木曜日
TEL. 027-327-3737
公式Facebook https://ja-jp.facebook.com/Seijinkentakasaki/

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました