ホテル椿山荘「アップルアフタヌーンティー」に行ってきた

https://shonokunblog.com/jardin_appleafternoontea 飲食

ホテル椿山荘東京で開催中の「アップルアフタヌーンティー」に行ってきた。

アクセス

「アップルアフタヌーンティー」が行われているのは、文京区にあるホテル椿山荘東京のロビーラウンジ「ル・ジャルダン」

東京メトロ有楽町線の江戸川橋駅の1a出口から徒歩10分程度で行けるほか、土日祝日は池袋駅の西口から無料シャトルバスも出ている(詳細なアクセスは公式サイトを参照)

当日

ホテルに到着したのは祝日の11時45分頃。
ロビーで少し時間をつぶし、予約時間の12時になったところで、受付で予約名を伝え、入場。

ホテル椿山荘東京ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」の外観写真

席は2~4人掛けのテーブル席で、テーブルの間隔がかなり広めに取られている。
テーブルの下が荷物棚になっているので、手荷物くらいであれば問題なく置くことが可能。

席につき、まずはドリンクの注文を行う。

ドリンクメニューは以下のとおり

ル・ジャルダンの「アップルアフタヌーンティー」のドリンクメニューの写真

ル・ジャルダンの「アップルアフタヌーンティー」のドリンクメニューの写真

上記のメニューに記載のドリンクはすべておかわり自由となっている。

シーズナルティーはカップでの提供、その他の紅茶は2~3杯分くらいのティーポットでの提供となる。
また、アイスティーや緑茶、コーヒーも取り扱っている。

とりあえず、シーズナルティーのアップルチャイを注文。
注文から提供までは数分と、比較的スムーズ。

ル・ジャルダンの「アップルアフタヌーンティー」のアップルチャイの写真

ドリンクの提供の直後に、フードが提供された(写真は3人分)

ル・ジャルダンの「アップルアフタヌーンティー」の写真

内容は以下のとおりで、お皿の上段・中段・下段とメニューの記載位置は対応している。

ル・ジャルダンの「アップルアフタヌーンティー」のメニューの写真

上段はゼリーやタルトなどのスイーツ類、中段はスコーン、下段は塩気のある軽食類と、バランスが良い。
スイーツの甘さは結構強めだったが、それ以外のメニューもあるので、そこまで甘いものが得意ではないという人でも楽しむことができそうである。

何種類かの紅茶をいただきつつ、美味しく完食。

分量はちょうどよい量という印象だったが、もし物足りないと感じる場合には、アフタヌーンティー利用客限定の特別価格でオプションメニューを頼むことができるので、こちらを注文するのがおすすめ。

ル・ジャルダンの「アップルアフタヌーンティー」のオプションメニューの写真

まとめ

2時間半の滞在(12時の回は14時30分までの席)で、上記のフードと紅茶4種類をいただいた。

お会計は税・サービス料込で1人あたり5,500円弱(GoToEatキャンペーンTokyo対象)
ちょうどよい量とバランスのフードに美味しい紅茶、ゆったりとした席でリラックスした時間を過ごせるという満足度の高いアフタヌーンティーだった。

2021年1月8日からはストロベリーアフタヌーンティーを開催するようなので、気になる方はぜひチェックをおすすめしたい。

店名(コース) ル・ジャルダン(アップルアフタヌーンティー)
住所 東京都文京区関口2丁目10−8
営業時間 12:00~18:00
期間 2020年11月1日(日) ~ 2020年11月30日(月)
TEL. 03-3943-0920
公式サイト https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/restaurant/jardin/
※WEB予約が満席でも電話予約可能な場合あり

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました