ラーメン屋「らぁ麺 くろ渦」に行ってきた

「らぁ麺 くろ渦」の「特製のどぐろそば」の写真 ラーメン

新宿にあるラーメン屋「らぁ麺 くろ渦」に行ってきた。

東京メトロ丸ノ内線、副都心線、都営新宿線の新宿三丁目駅から徒歩3分程度の場所にお店はある。
新宿駅からも徒歩圏内。

「らぁ麺 くろ渦」の外観写真

お店に到着したのは日曜日の12時30分頃。
待ち列はなかったのでそのまま入店。

まずは入口横にある券売機で食券を購入する。

「らぁ麺 くろ渦」の券売機の写真

主なメニューは以下のとおり

「らぁ麺 くろ渦」のメニュー写真

上記メニュー以外にも、TKGやチャーシュー丼などのご飯物、お酒の提供もしているほか、つけ麺やまぜそばはテイクアウトも可能。

今回は限定の「特製のどぐろそば」を選択。
お値段は1,200円だが、限定な上に特製なので妥当なところだろう。

食券を購入した後は、席に座り、お店の方に食券をお渡しする。

席は入口付近に4人用のテーブル席があり、残りはカウンターが11席ほど。
緊急事態宣言中ではあったが、先客は5人ほどいた。

こちらのお店、株式会社INGSが経営ということで(いわゆる「はやし田系」)、先日訪問した「煮干中華そば 鈴蘭」や「らぁ麺 鳳仙花 綱島店」と同じく卓上に調味料は置いておらず、清潔感のあるカウンターに水と割り箸、コロナ対策の仕切りがあるのみ(ティッシュはカウンターの下にある)

「らぁ麺 くろ渦」のカウンターの写真

食券を渡してから5分強でラーメンが提供された。

こちらが今回注文した、「特製のどぐろそば」

「らぁ麺 くろ渦」の「特製のどぐろそば」の写真

アツアツの器からのどぐろの香りが漂ってくる。
トッピングはチャーシュー、味玉、メンマ、海苔、白髪ねぎなど。
トッピングの上から少しだけ山椒がかけられている。

早速スープから一口。

「らぁ麺 くろ渦」の「特製のどぐろそば」のスープの写真

透き通った美しいスープからは想像できないほどの豊かなのどぐろの香りと旨味が押し寄せてくる。
出汁にのどぐろのアラが使われているだけではなく、香味油にものどぐろの身が使われているとのこと。

麺は細めのストレート

「らぁ麺 くろ渦」の「特製のどぐろそば」の麺の写真

北海道産の小麦を中心に数種類の国産小麦をブレンドし、豊かな風味を出している。
歯ごたえはかなりしっかりしていて、食べごたえがある。

チャーシュー

「らぁ麺 くろ渦」の「特製のどぐろそば」のチャーシューの写真

特製なだけあって、5枚も入っている。
種類も3種類(レア豚ロース、レア鶏むね肉、豚バラ燻製焼き)あり、特に豚が香り高くておいしい。はやし田系といえば、薄切りのしっとりやわらかレアチャーシューのイメージが強いが、こちらはある程度の厚みと肉の食感があるものだった。

メンマはシャキシャキ系。
色は濃いが、味は見た目ほど濃くはない。

味玉

「らぁ麺 くろ渦」の「特製のどぐろそば」の味玉の写真

使っている卵はおなじみ「マキシマムこいたまご」
黄身の圧倒的な濃厚さが特徴。
半熟具合が個人的にかなり好みだった。

スープまで完食。
のどぐろの良さを存分に味わうことができる贅沢な一杯だった。
また近々訪問させていただきたい。

店名 らぁ麺 くろ渦
住所 東京都新宿区新宿3-7-8 第2シグマビル1F
営業時間 11:30~23:00
※スープ切れ早仕舞いあり
※緊急事態宣言中は11:00~20:00
定休日 なし
TEL. 03-6380-5513
公式Twitter https://twitter.com/ramen_kurouzu

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました