【実食レポ】甘めのスープにつるつるの麺が合う!「滝野川 大勝軒」に行ってきた

「滝野川大勝軒」の「もりそば」の写真 ラーメン

池袋にあるラーメン屋「滝野川 大勝軒」に行ってきた。

池袋駅の東口から徒歩で10分弱の場所にお店はある。

真っ白な看板が目印。

「滝野川大勝軒」の外観写真

お店に到着したのは、平日の18時15分頃。
待ちはなかったので、すぐに入店することができた。

まずは入口すぐの券売機で食券を購入する。

「滝野川大勝軒」の券売機の写真

メニューは、「元祖つけ麺 もりそば」と「中華そば」をベースとし、トッピングや味付けによって複数のバリエーションで提供している。
あつもりも別ボタンで対応。

今回は「元祖つけ麺 もりそば」を注文することにした。
お値段は900円と少し高めだが、もりそば(小)があることを考えると、通常サイズは普通のお店よりも大きいのかもしれない。

食券を購入した後は、指定された席に座り、お店の方に食券をお渡しする。

席は全てカウンター席で、厨房に面して10席あまり配置されている。
この時間帯で先客は6人ほど。

「滝野川大勝軒」の店内写真

卓上には豆板醤やにんにく、唐辛子、コショウなどの調味料が置かれている。

「滝野川大勝軒」の卓上調味料の写真

食券をお渡ししてから10分強でもりそばが提供された。

こちらが今回注文した「元祖つけ麺 もりそば」

「滝野川大勝軒」の「もりそば」の写真

そこそこ大きな器にたっぷり盛られた麺

「滝野川大勝軒」の「もりそば」の写真

中太の麺はモチモチつるつる。
事前の予想どおり、並でもかなり分量があるので、少食の人は小を頼んだほうが良さそう。

スープ

「滝野川大勝軒」の「もりそば」のスープ写真

チャーシュー4枚にたくさんのメンマ、海苔、ネギとトッピングもボリューム満点だが、特筆すべきはスープの味。
スープを口に含んだ途端、その甘さに衝撃を受ける。
方向性としては、すき焼きのタレを思い出させるような、そんな甘さ。
ただし、唐辛子がかなり入っているため、後味は結構ピリ辛。

麺をスープにからめていただく。

「滝野川大勝軒」の「もりそば」の写真

スープ単体を飲んだときはその甘さに驚いたが、麺と一緒にいただくと、喉越しの良さが活きているのか、どんどん胃に吸い込まれていく。
甘さは感じるが、ピリ辛な後味もあり、くどい感じはない。

チャーシュー

「滝野川大勝軒」の「もりそば」のチャーシューの写真

脂は少なく、肉感の強いさっぱりとしたチャーシュー。
スープは結構ヘビーなので、良いバランスが取れている。

メンマ

「滝野川大勝軒」の「もりそば」のメンマの写真

薄切りで柔らかいが、メンマ特有のシャキシャキ感は残している。
スープと同系統の甘めの味付け。

提供されたときはその分量に驚いたが、結果的にはペロッと1杯いただけるおいしいもりそばだった。
甘めのスープとつるつるの麺の組み合わせが好きな方にはぜひともおすすめしたいお店である。

店名 滝野川大勝軒
住所 東京都豊島区東池袋1-32-2 小泉ビル1F
営業時間 11:00~15:20 / 17:20~20:50
※緊急事態宣言中は20:00閉店
定休日 月曜日
TEL. 03-6914-2070

※上記の情報は執筆時のものです。ご訪問にあたっては最新の情報をご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました